• 都市システムフォーラム

    Year in Infrastructureカンファレンス
    2017年10月10~12日 | サンズ・エキスポ&コンベンションセンター | マリーナベイサンズ(シンガポール)

都市システムフォーラム

都市人口が増え続け、政府がインフラ老朽化への対応に追われるなか、環境の変化に関連するリスクを管理し軽減するためのソリューションとして、都市システムが登場。技術、データ、人、プロセスを一つにつなぐことにより都市プランナーが進めているデジタル化戦略が、インフラストラクチャに浸透しつつあります。都市システムには、斬新な技術が利用され、デジタル写真やポイントクラウドデータを使用して既存の用地の状態を把握するプロセスとして普及を見せるリアリティモデリングが活用されています。

都市システムフォーラムでは、既存の状態の把握とそれらの明確な伝達、および環境コンテキスト内の設計/建設/運用ワークフローにおけるリスク管理の強化を促すリアリティモデリングの仕組みについて考察します。また、都市システムに貢献する革新的な方法の発展に伴う、環境工学および地方自治体施設におけるBIMの進化について焦点を当てます。ユーザーのプレゼンテーションおよび業界エキスパートからのベストプラクティスは、3Dモデリング、地理空間、土地開発、BIMプロセス、資産パフォーマンス、マッピングなどのテーマを取り上げます。

フォーラム司会者: Francois Valois(ソフトウェア開発&リアリティモデリング担当シニアディレクタ)