• Hatch

    コンゴ民主共和国の硫酸工場

    コンゴ民主共和国、カタンガ

プロジェクト概要

プロジェクト

アフリカの僻地、コンゴ民主共和国(DRC)南部に位置する新しい硫酸工場は、コンゴ民主共和国最大級の銅採掘事業を支える数千トンの硫酸を製造します。この2億4,500万米ドルのプロジェクトには、日産1,400トンの製造施設と、20メガワットの廃棄物発電システムが含まれています。エンジニアリング、調達、建設、製造の請負業者として採用されたHatchには、早期着工方式で進める顧客のスケジュールに合わせて工場をデリバリすることが要求されました。地理、環境、物流に関する課題に直面したHatchは、厳しいスケジュールに対応するために、ワークフローのデジタル化と合理化を実現するための統合技術を必要としていました。

ソリューション

プロジェクトチームは、構造用鉄骨部品のモデル化と解析を行い、硫酸工場全体のデジタルツインモデルを作成しました。コネクトデータ環境を構築したことで、世界中に分散した5箇所のエンジニアリングオフィス間での情報の管理と共有が可能になり、現場担当者、コミッショニングチーム、設置請負業者とのデジタルコミュニケーションが促進されました。Hatchは、プロジェクトの課題を克服するために、完全にペーパーレスなデリバリプロセスを開発し、それにより、デジタルワークフローを導入し、これまで手作業で行われていたプロセスを自動化しました。

成果

コネクトデータ環境での作業によってデジタルワークフローが合理化され、デリバリスケジュールが6週間短縮されました。統合アプリケーションを使用したことで、エンジニアリング品質の最適化とプロジェクトデリバリの工業化が実現しました。これにより、実運用開始までの期間が23週間短縮され、業界の新たなベンチマークが確立されました。材料表の抽出と調達に対するインテリジェント3Dモデルの適用を拡大することで、クライアントの購入コストを10~15%削減しました。デジタルツインを使用したことで、プレハブ式スプール配管を工場で製作するのではなく、バルク配管材を輸送できるようになり、砂利区間のある2,800キロメートルの道路でも輸送費が1/4削減されました。

ソフトウェア

Hatchは、STAAD、OpenPlant、OpenBuildings Designerを使用して、厳しいスケジュールに対応しながら硫酸プラントの設計を最適化し、厳格な規制要件を満たしました。プロジェクトチームは、ProjectWiseで管理されているコネクトデータ環境でBentleyのインテリジェントな設計および解析アプリケーションを活用することで、品質エンジニアリングプロセスを上流に配し、調達戦略と物流戦略を改善して、建設の手戻りを最小限に抑えることができました。あらゆる生産ニーズに対応する3Dデジタルツインによって、従来のような紙による図面の作成が不要になり、配管および鉄骨製造プロセスが改善され、データ中心の調達が主流になりました。

プロジェクトプレイブック: LumenRTMicroStationNavigatorOpenBuildings DesignerOpenPlantProjectWiseSTAAD

成果と現状
  • Hatchは、コンゴ民主共和国の硫酸工場のデリバリのために共同作業型のデジタル戦略を確立し、プロジェクトチームが世界中の遠隔地に分散しているという地理的・物流的課題を克服しました。
  • Bentleyの統合モデリングアプリケーションを使用してデジタルツインを開発することで、運用の即応性が促進され、資本的支出が20%削減されました。
  • 購入する材料の数量を直接3Dモデルから取得することで、デジタルプロセスが上流に移動し、スケジュールを3か月短縮できました。
  • Hatchは、100%デジタルのソリューションを活用し、事前調査から2年以内に工場の実運用開始を実現しました。
引用:
  • 「Hatchではいくつかのペーパーレスプロジェクトを実行し、デジタルでより優れたワークフローを確立しました。現在すべてのプロジェクトでこのワークフローを利用しています。当社のアプローチは、エンジニアリング、調達、建設管理(EPCM)のプロジェクトデリバリ段階だけでなく、運用・保守段階に移行した後でも、クライアントにメリットをもたらしています。Hatchでは、Bentleyが進めているデジタルツイン関連の開発に大きな期待を寄せ、それらの技術を活用してお客様に一層の成果をもたらす方法を見出すことに力を注いでいます」

    Randy McMeekin氏 グローバルマネージングディレクタ Hatch