• AECOM

    感潮域トンネルC410中央セクションの契約

    英国、ロンドン

プロジェクト概要


プロジェクト
ロンドン市の下水道システムは、市の人口が増加し排泄物が増えたことから、早急に改修が必要でした。わずかな降雨でも下水流入が引き起こされ、テムズ川の感潮域に流れ込む下水は年間数百万トンに達しているのです。400万英ポンドのテムズ川感潮域トンネル(Thames Tideway Tunnel)プロジェクトは、テムズ川流域で毎年約50回発生している流出を年4回に削減する目的で発足しました。この感潮域プロジェクトは、東セクション、中央セクション、西セクションの3契約に分かれています。AECOMは、約25kmのトンネルをカバーする中央セクションの契約の主設計者です。中央セクションは、ロンドン市のアクトンとアビーミルズ間のトンネルを連結します。

ソリューション
AECOMは、護岸堤防の新しいプロファイルを作成し、大型のガス本管が既存の護岸堤防の近くに存在するという設計の問題を解決しました。建設中もプロジェクト完了後も、ガスの供給と船の運行を保護する必要がありました。プロジェクトの関係者全員と協力し、関係者全員に情報が伝わるように、AECOMはBentleyアプリケーションを使用して、中央セクション契約に含まれるトンネルの設計を行い、建設計画を作成しました。BentleyのProjectWiseでプロジェクトを管理し、全部で8箇所ある現場のすべてのステークホルダーがデータにアクセスできるようにしました。また、すべての建設モデルと図面をProjectWiseに集約して、引き渡しプロセスをシンプルにしました。

成果
プロジェクトのすべてのステークホルダーがどこからでも仮設工事と本工事の両方のデータにアクセスできたことが意思決定に役立ちました。現在、ProjectWiseシステムに登録されているユーザーは1,100人以上、ステークホルダーは40団体以上です。2018年10月の時点で、190,000の文書、4,500の図面、1,500のモデルが中央リポジトリに格納されています。ユーザーは決められたワークフローに従って情報を全参加者と共有しています。データには、1年を通じていつでもアクセスできます。ProjectWiseを利用したことで、非常に面倒であったはずのロジスティクスをスムーズに実行でき、文書管理やバージョンの問題が起きることもなく、労務管理費も削減できました。現在、感潮域プロジェクトの中央セクションは建設段階にあり、2022年の竣工に向けて予定どおり進行しています。

ソフトウェア
ワークフロー、決められた文書コード、マネージドワークスペースを使用して、すべての資産を一元管理する安全な管理環境を構築するために、ProjectWiseを使用しました。
OpenBuildings Designer(以前のAECOsim Building Designer)とMicroStationを使用して、プロジェクトの各現場のマスター設計モデルを作成しました。OpenBuildings Designerは、プロジェクトの安全確保や事故・ケガの防止にも役立ちました。建設前の作業でOpenBuildings Designerを使用することで、設計チームが施設の全領域を確認できました。これにより、調査中の保守作業員を常に視認でき、現場の安全性が高まりました。Navigatorのクラッシュ検出機能もプロジェクトの安全に貢献しました。設計チームとモデリングチームが建設前にクラッシュを解消できたため、プロジェクトのスケジュールが合理化されました。ContextCaptureにより、ポイントクラウドデータと川岸のシンプルな写真を基に、特定の現場のテストモデルが生成されました。

プロジェクトプレイブック: OpenBuildings DesignerContextCaptureDescartesgINTMicroStationNavigatorProjectWise
成果と現状
  • テムズ川感潮域トンネルプロジェクトは、下水流入の発生回数の削減を求めるEU指令の下で発足
  • ProjectWiseシステムに登録されているユーザーは1,100人以上、ステークホルダーは40以上
  • 2018年10月の時点で、中央リポジトリは190,000の文書と、4,500の図面、1,500のモデルを格納
引用:
  • 「BentleyのProjectWiseによって、複数の分野を統合した管理環境を構築し、8箇所の現場の資産の仮想表現を作成することができました。40組織以上のステークホルダーの1,000人以上のユーザーが連携して、設計段階はもとより、建設中や、竣工時のクライアントへの納品準備で、140,000を超える文書を作成できました。」

    Barry Jones氏 アソシエイトディレクタ – BIMマネージャ AECOM