• Mott MacDonald

    テムズ川潮路トンネルの東セクション

    英国、イングランド、ロンドン

プロジェクト概要

プロジェクト
40億英ポンド規模のテムズ川潮路トンネル設計・建設プロジェクトは、ヴィクトリア朝時代に整備されたロンドン下水道のオーバーフローに対処し、環境基準に準拠することを目的とする、英国の水道事業史上最大のインフラストラクチャプロジェクトです。設計には、ロンドン中心部の地下70メートルを走る長さ10キロメートルのトンネル、および地上に露出する6つの換気坑が含まれます。このプロジェクトには12の設計部門、サプライチェーンを担う多くの企業、多数の出資者が関わっていることから、Mott MacDonaldでは、プロジェクトを成功させるために効果的なコミュニケーション、コラボレーション、保証戦略を実施する必要がありました。

ソリューション
この契約の主たる設計者であるMott MacDonaldは、全部門の情報をインテリジェントな複合3Dモデルに集約。これにより、従来のように350枚の2D図面を作成する必要がなくなりました。各設計部門は、簡単にナビゲーションできるデータリッチな3Dモデルを操作しながら、従来の2D形式の設計を表示することができます。すべてのプロジェクト情報はProjectWiseによって一元的に保存・共有されるため、解析、報告、コスト管理、進捗報告、およびリスクの視覚化が容易です。また、Navigatorによって、離れた場所にいても簡単に共同作業が行えます。

成果
このプロジェクトが完成すると、テムズ川に流れ込む下水のオーバーフローは減り、水質は改善されます。設計チームは、Bentleyアプリケーションを使用して、連携したデータ環境を構築し、離れた場所で作業する16の請負業者が80%速くドキュメントにアクセスできるようにしました。また、先駆的なモデルベースのデリバリ方法を採用することで、生産性を30%向上させ、設計期間を6か月短縮しました。エンジニアは、何時間もかけて紙の資料を調べなくても、オンラインで検索して数分で必要な情報を見つけることができます。また、BentleyのProjectWiseコラボレーションシステムにより、請負業者や関係者との3Dモデルを使用した週次会議の開催が容易になったことで、コミュニケーションが改善。再作業が減り、出張のための時間と費用も削減されました。

ソフトウェア
ProjectWiseによって、プロジェクトに携わっている16の組織とのリアルタイムの設計コラボレーションが実現。関係者全員が最新の承認済み設計ファイルを使用できるよう、すべての作業が複合モデルにまとめられるため、費用のかさむ再作業を最小限に抑えながら、納期を守って成果物を作成できます。また、Navigatorを使用し、BIMの推進に関するインタラクティブな週次遠隔会議に複合3Dモデルを活用。ヨーロッパ全域のチームが3Dモデルを確認、修正できます。現時点で、開催したBIM推進会議は170回を数え、参加者は1,500人を上回っています。

プロジェクトプレイブック:AECOsim Building Designer, LumenRT, Pointools, ContextCapture, MicroStation, Navigator, ProjectWise, STAAD
Outcome/Facts
  • ProjectWiseによって情報管理が一新。インテリジェントレポートが可能となり、マネージャが積極的に問題を解決できるようになりました。
  • これまでにNavigatorを利用して開催した会議は170回にのぼり、さまざまなオフィスから1,500人以上が参加してきました。これにより、3Dの視覚化を利用した効果的なコミュニケーションとコラボレーションが実現しました。
  • Mott MacDonaldでは、Bentleyの3Dモデリング機能を利用して、従来なら350枚の2D図面を要していた成果物をインテリジェントな複合3Dモデルに置き換えました。
Quote:
  • 「CVBJVでは、ProjectWise CDEを使用して、詳細な最新のプロジェクト情報と、シンプルに改善された設計承認プロセスに簡単にアクセスしています」

    Chebli Matta氏 CVBJV設計・エンジニアリングマネージャ Mott MacDonald