• 3D ScanWorld

    Energy Factory Knappenrode

    ドイツ、ブルク、シュプレータール

プロジェクト概要

プロジェクト
ドイツのザクセン州にあるEnergy Factory Knappenrodeは、以前は石炭処理施設でしたが、現在は博物館です。元の施設の広大な敷地と膨大な資産を維持管理するのは難しく、費用もかかるため、部分的に外部委託し、不要な機械や見た目に魅力のない設備は撤去します。文化的な遺産である建物とその現存する資産を守るために、リノベーションを行う前にすべてをデータ化するよう当局から命じられたため、3D ScanWorldは地域機関とともに3Dレーザースキャンを実行しました。工場全体のレイアウトを正確にデータ化するには、実行可能なソリューションが必要でした。

ソリューション
チームはスキャンデータを使用して古い建物の間取り図と横断図をポイントクラウドとして作成し、それらをBentley Pointoolsに読み込んで視覚化したうえで、歴史的な建物のデジタルデータに統合しました。Pointoolsを使用することで、重要な要素に集中できるよう、余計な要素を空間からすばやく削除できました。チームメンバーは、手の込んだ画像レタッチを施したビジュアルドキュメンテーションを、従来の写真によるドキュメンテーションより数倍速く作成するとともに、ポイントクラウドをリアルタイムでレビューすることができました。現在、建築プラン一式はさまざまな部門間で共有されています。

成果
初めに、3D ScanWorldはスキャンのデータセットを使って古い建物の間取り図などの図面を作成。それらの図面をさまざまな展望図や横断図と組み合わせて設計・計画段階の土台を築き、さまざまな部門が使用するデータの統一を図りました。Pointoolsの視覚化機能を使用することで、新しい設計を歴史的な建物のデータに組み込む方法を試すことができました。

ソフトウェア
Pointoolsの使用により、3D ScanWorldは撤去する機械をすばやく特定できました。オブジェクトが分割されていること、不要な要素によって画像が損なわれることなく平面図や透視図を作成できることが利点でした。さらに、モデルの設計はポイントクラウドに追加されました。文化遺産の保存に関する文書は、写真、寸法CAD図面、数ページのテキスト(施設の説明と撤去の理由)で構成される包括的なものです。以前はどのような空間だったかを訪問者に見せるためのフィルムドキュメントも用意されています。将来的には、スキャンデータと3Dプリンターを使ってこれらのコンポーネントを復元できるようになるでしょう。

プロジェクトプレイブック:Pointools

成果と現状
  • 3D ScanWorldでは、Bentleyのリアリティモデリングソフトウェアを使用し、博物館にリノベーションする前の工場をレーザースキャンしてデータ化しました。
  • 3D ScanWorldでは、Pointoolsを使用して、機械類を撤去するとどのような空間になるかを視覚化しながら、工場の雰囲気を維持することを目指しました。
  • 3D ScanWorldでは、手の込んだ画像レタッチを施したビジュアルドキュメンテーションを、従来の写真によるドキュメンテーションより数倍速く作成できました。
引用:
  • 「3Dレーザースキャンで作業するとき、『新しいものを考えついた人も、それが成功するまではただの変人にすぎない』というマーク・トウェインの名言には一理あるとよく思ったものです。」

    Susanne Schiffner氏 CADエキスパート 3D ScanWorld