• 早稲田大学 嘉納研究室、株式会社大林組

    点群データに基づく工事進捗の自動識別に関する研究

    東京、日本

Project Summary

プロジェクト

建設プロジェクトの進捗状況の詳細を記録する従来の方法は主観的であり、人為的ミスの影響を受けやすい。 研究チームは、工事の進捗をモニタリングするための客観的な方法を開発することにより、この問題を克服するために取り組んできました。この目標を達成するために写真測量の技術的能力を利用しています。

ソリューション

研究チームは、BentleyのContextCaptureを使用して一連のデジタル写真の3D写真測量再構成から点群データを生成しました。 研究チームは、点群データとMicroStationで生成された3D CADモデルを比較することにより、建設中に取り付けられた建設部材を特定して比較することによって、作業の進捗状況を測定できます。

成果

研究チームは、Bentleyの技術を使用して、工事現場から得られた客観的データに基づいて広範囲の進捗記録を自動的に取得し、正確に作業進捗状況を判断するために使用します。 その結果、意思決定者は、これまでの作業進捗状況(例えば、プレキャストコンクリート部品の組立作業進捗状況)を正確に評価し、労働生産性と工事の遅れの可能性を継続的に評価することができます。

ソフトウェア

ContextCaptureと一緒にMicroStation 3Dモデルを使用して作業進捗状況データを自動的に取得し、MicroStation VBAを使用して解析システムを作成します。ContextCaptureは、タワークレーンに設置されたカメラによって取得された工事現場画像から点群データを取得します。 新しい点群(タイムラインに沿って取得した点群データに基づく)を3次元CADモデルと比較し、マウントされた要素の実際の作業進捗状況を把握します。


プロジェクトプレイブック: MicroStation, ContextCapture

Outcome/Facts
  • Using ContextCapture, the research team can automatically acquire a wide range of progress records based on objective data obtained at construction sites.
  • By comparing point clouds with 3D CAD models, the team can identify installed components and reliably determine construction progress.
  • Insights into construction progress can be used to take specific, early actions to improve labor productivity and proactively address potential delays in construction.
Quote:
  • “MicroStation has tremendous capabilities and flexibility to customize the data handling and analysis for three-dimensional data collected from photos of construction sites, enabled with the use of VBA.”

    Dr. Naruo Kano Department of Architecture Waseda University