• Orbit 3DM Feature Extraction

    3Dマッピングデータの高度なフィーチャ抽出

3Dマッピングデータナビゲーションソフトウェア

サイズや種類を問わずすべてのマッピングデータをフル3Dビューですばやく効率的にナビゲートできます。Orbit 3DM Feature Extractionでは、すべての既知のモバイル、UAS、航空オブリーク、屋内、地上マッピングハードウェアシステムがサポートされ、さまざまなデバイスの設定や仕様を単一のユーザーフレンドリーな環境に変換します。Orbit 3DM Feature Extractionを使用すると、各車両のセットアップに合わせて調整されたテンプレートにより、マッピングデータのインポートが簡単になり、より短時間でビューやフィーチャをエクスポートしたり、正確なレポートを作成したりできます。

クライアント/サーバーセットアップで利用可能なOrbit 3DM Feature Extractionソフトウェアには、Orbit 3DM Feature Extraction、Orbit 3DM Feature Extraction Backpack Edition、Orbit 3DM Feature Extraction C/Sの3つのバージョンがあります。プロフェッショナルなモデリングチームは、クライアント/サーバーセットアップを使用して、チーム固有の要件に応じた製作ワークフローを編成および管理できます。

機能
  • ワークフロー支援のフィーチャ抽出管理機能を利用

    • レイヤーテーマを簡単に定義、管理できる支援付きのフィーチャ抽出管理機能を使用することで、ワークフローが向上し、フィーチャ抽出がより迅速になります。測定フィーチャを持つオブジェクトを作成できることに加えて、3Dマッピングデータに属性を追加したり、スナップショットを作成したり、ドキュメントを追加したりできます。
  • マッピングデータを解析してレポートを作成

    • 軌道に沿って断面を効率的に処理したり、3Dパスに沿ってプロファイルを作成したりできます。経時的なマッピングデータの計算や体積の解析を簡単に行えます。インポートされた形状または設計された形状を使用して、衝突をすばやく検出します。詳細解析に最適なスライスビューを実現し、事前定義された領域内に等高線を生成します。マッピングデータを解析して文書化したら、結果レポートを作成します。
  • ポールや交通標識を自動検出

    • 自動検出機能でポールや交通標識をすばやく検出します。さらに品質管理のための検証手順を完了するための完璧なパラメーターセットを定義します。データベースに保存される結果には、地上の位置、高さ、スナップショット、標識の形状など、必要とされるすべてのメタデータが含まれます。
  • 点、サーフェス、リッジ、コーナーを自動的に認識

    • 設定ボックスを使用してホバリングと測定の動作を最適化することで、マッピングワークフローに必要な情報を正確に検出できます。カラー化されたホバリング機能を使用してマッピングデータを効果的に視覚化し、下にあるポイントクラウドを検出します。最近点にスナップし、ポイントとトラックサーフェス、リッジ、コーナーの間を補間します。
  • マッピングビューとフィーチャをエクスポート

    • マッピングデータの表示後、簡単にフィーチャを抽出してGISまたはCADに保存できます。街並み背景の3D表示や3Dムービーの作成が可能で、3Dビューのフライスルーもすばやくエクスポートできます。
  • マッピングデータと画像を測定

    • クリック1つで2Dおよび3Dマッピングデータを正確に測定し、三角測量の測定値を取得できます。支援付きの点、線、領域、円、カテナリー曲線、方形区画、および体積の自動測定を適用することで、街路樹、縁石、道路標示、ガードレール、舗装境界、ケーブルなどに沿った抽出が可能です。
  • フル2Dまたは3Dビューでマッピングデータを操作

    • マッピングデータが2Dまたは3Dですばやく表示され、すべての補助画像の再生や、2Dおよび3Dベクトルデータのオーバーレイが可能です。透明度の設定、奥行きの表示、3Dポイントクラウドの高さ調整を行うことができます。さまざまなモードを設定して、ステレオ、パース、およびアイソの3Dビューを取得できます。
  • クライアント/サーバーのセットアップにより3Dマッピングのチームワークを最適化

    • チームマネージャと数人のオペレータ向けのフローティングライセンス構造により、生産ユニットを簡単にセットアップできます。チームマネージャは、モバイルマッピングデータ、ワークフローのセットアップ、データ管理、テーマとデータベースのエクスポート、およびオペレータ制御をインポートして準備できます。オペレータはモバイルマッピングデータ、テーマ、視覚化、権限を含むリソースを共有できます。中央のデータストレージ環境に要素が抽出され、すべてのオペレータがリアルタイムで調整できるようになります。
  • Floor Plan Builderで水平および垂直にスライス

    • キャプチャしたポイントクラウドを常に適切にスライスでき、屋内または屋外の測定値を簡単に更新できるため、ワークフローの時間と労力が軽減されます。組み込みのFloor Plan Builderを使用して、ゼロから始めることも、既存の間取り図を更新することもできます。
Request a Live Demo
Discover how to make your 3D mapping data easy to use. Get a demo of our 3D mapping solution: Orbit.
さらに読む
Create high-end scalable 3D models
See how fast and easy it is to create 3D reality models of any size and scale with ContextCapture Center.
Learn More
Going Digital with Reality Modeling
Accelerate your digital advancement with reality modeling by adding real-world digital context in project delivery or operations.
Learn more