• KeyLAB

    地質工学データの処理を迅速化

柔軟な地質工学ラボラトリ管理

ラボでどれくらいの量のデータが生成されているでしょうか。試験は1つではなく、また、試験ごとに出される結果は1つとは限りません。中小規模のラボでそのような多様かつ特殊な分野のデータを管理する場合、多大な時間を要する可能性があります。  

KeyLABは、地質工学および建設ラボのために作られたトップクラスのラボ管理システムです。

KeyLABはMicrosoft Excelとインテリジェントに統合できるため、ラボのデータを完全にコントロールしつつ、簡単にワークシートやレポートをカスタマイズできます。’このKeyLAB独自の統合により、短期間でシステムを導入でき、スタッフが操作を習得する時間も短縮されます。
さらに読む +
機能
  • AGS

    • KeyLABは完全にAGS 3.1およびAGS 4に準拠しているため、各プロジェクトでサポートしているバージョンがどちらであっても、同じシステムで管理できます。試験のステータス、サンプル、スケジュールを基にデータをエクスポートできるので、承認された最新の試験データを定期的にクライアントに報告できます。
  • 電子スケジューリング

    • HoleBASEを使用しているクライアントは、直接KeyLABにインポートできるスケジュールファイルを作成できます。HoleBASEを使用していない場合は、Excelだけを必要とするExcelスプレッドシートスケジュールシステムを使用できます。いずれの場合も、クライアントのプロジェクト、サンプル、試験依頼書をインポートし、依頼書の受け取りから数分以内に試験ワークシートを印刷できます。
  • 機器のキャリブレーション

    • KeyLABのEquipment Managerでは、機器の全項目が追跡管理され、キャリブレーションが必要な時期になるとQAマネージャに通知されます。また、キャリブレーション中に記録されたすべてのキャリブレーション定数やキャリブレーション曲線も追跡されます。
  • データロガーからのインポート

    • KeyLABにはデータロガーインポート機能があり、主要なデータロガーメーカーの製品からデータをインポートできます。
  • スタッフの管理

    • ラボのスタッフが10人以上になると、誰が何をしているか、いつそれを行ったか、いつ行うつもりだったかを追跡するのが難しい場合もあります。
  • 複数のレポートスタイル

    • 試験の試験証明書を作成することも、要約表に試験とサンプルをまとめることもできます。データを含めることができるレポート数や、データの再入力に制限はありません。
  • 進捗レポート

    • KeyLABには、数秒でExcelレポートにスケジュールをエクスポートできる、スケジュールレポート機能があります。スケジュールレポート機能を使用することで、ラボラトリマネージャは各スケジュールの進行状況を視覚的に確認できます。これは、作業の進行に関して常にお客様に安心していただけることにもつながります。
  • レポート作成

    • KeyLABの一括印刷オプションを使えば、PDFや紙ベースのレポートを簡単に生成できます。使いやすさと、レポート要件をカスタマイズできる機能を兼ね備えたKeyLABは、ラボラトリでの最終的なレポート作成のあり方を変容させます。
  • スケジュールの概要

    • KeyLABを使用すると、システム内のウィンドウで、期限を基準にして各スケジュールの進行状況を一元的に確認できます。
  • 保管庫管理

    • KeyLABに保管庫の場所を登録できます。サンプル受領時やラボラトリ内で移動する際に、サンプルを保管庫に割り当てられます。登録しておくと、各保管庫を在庫確認のために照会したり、各サンプルの保管先をワークシートに印刷して、保管庫のマネージャが試験に必要なサンプルを探す際に参照したりできます。
  • 試験管理

    • KeyLABの試験管理インターフェースでは、進行中の全プロジェクトを対象にして、ラボラトリの作業量と期限の全体的な状況をすぐに把握できます。このような機能は、プロジェクトの経費超過や遅延という厄介な状況を回避し、同時に複数のプロジェクトを管理するストレスを軽減する上で役立ちます。
  • Excelを基盤とするユニークなシステム

    • KeyLABではExcelスプレッドシートのインターフェースを使用してデータを入力します。データ入力シートは、スタッフがテストの実施中にデータを入力するExcelワークシートとまったく同じです。
  • ワークシート設計

    • KeyLABには、既存のどのワークシートまたはレポートのスプレッドシートでも取り込むことができるほか、指定された英国規格またはASTMシートを変更できるシートデザイナーが付属しています。
Engage with peers and Bentley subject matter experts for gINT tips and tricks, best practices, product support, and more. 
Learn More