ContextCapture

デジタルツイン向けの4Dデジタルコンテキスト

現実のデジタルコンテキストをプロジェクトに追加し、インフラの課題に対処しながら、十分な情報に基づいて意思決定できます。

現況データを収集、解析、共有

設計、建設、運用、コラボレーションを効率化

氏名

価格

概要

機能

パフォーマンス

氏名
ContextCapture
価格
$3,392から
概要

エンジニアリング可能な3Dリアリティメッシュを画像やポイントクラウドデータから生成して編集、共有できます。

機能

リアリティモデリングデータを処理し、リアリティメッシュ、オルソフォト、DSM、ポイントクラウドを作成できます。

パフォーマンス
  • 最大300ギガピクセル
  • 30億点未満のポイントクラウド
  • 最大2個のエンジン
  • 同時に最大2つのジョブ
氏名
ContextCapture Center
価格
お問い合わせください
概要

エンジニアリング可能な3Dリアリティメッシュを画像やポイントクラウドデータから生成して編集、共有できます。

機能

ネットワーク上の複数のコンピュータでの処理を高速化し、あらゆるサイズのリアリティモデリングデータを処理できます。

パフォーマンス
  • 無制限
氏名
ContextCaptureクラウド処理サービス
価格
お問い合わせください
概要

エンジニアリング可能な3Dリアリティメッシュを画像やポイントクラウドデータから生成して編集、共有できます。

機能

クラウドを利用することで、負荷を軽減しながら、より多くの処理を迅速に行えます。

パフォーマンス
  • 1つのジョブにつき最大20個のエンジン

    iTwin

    iTwinを活用

    iTwinでは、ライブの建設情報を2D、3D、4Dで管理し、可視化することで、プロジェクトのパフォーマンスを的確に追跡し、データに基づく意思決定をより適切かつ迅速に行うことができます。

    ContextCapture

    現実世界の正確なデジタルツインを生成

    ContextCaptureを使用すると、多種多様なインフラプロジェクトの現況を表す非常に複雑な3Dモデルも、単純な写真やポイントクラウドから迅速に生成できます。

    ContextCapture Center

    任意の規模、精度、速度でリアリティをキャプチャ

    ContextCapture Centerのパワーと拡張性は無限大。必要な数のプロセッサとエンジンを組み合わせて、あらゆる規模の画像やポイントクラウドを処理し、都市レベルのプロジェクトに対応できます。

    ContextCaptureクラウド処理サービス

    時間、場所、デバイスを問わず、デジタルツインを作成

    リアリティモデリングデータの処理をデスクトップおよびモバイルデバイスからクラウドにオフロードすることで、4Dデジタルコンテキストの作成を迅速化します。