Jacobs社とNetwork Rail社のデジタル化事例:

ベントレーとともに


Jacobs社とNetwork Rail社は、デジタルツインのアプローチによってデジタル機能と分析機能を強化し、TransPennine Route Upgradeプロジェクトにおいて2021年末までに200万英ポンド以上のコスト削減を実現しました。

結果

  • BentleyのiTwinテクノロジーによって、デジタルツイン上で直接3Dの設計レビューや衝突・危険の特定が可能になり、効率とコラボレーションに大きな変化が生まれました。

  • プロジェクトのライフサイクル全体を通して情報へのアクセスが40%改善し、より持続可能な設計・建設ソリューションの実現につながりました。

  • データに基づく意思決定により、遅れを回避して200万英ポンド相当の遅延補償額を節減できると推定されています。定刻通りに到着する列車が140本増えることになり、これは乗客数に換算すると2万人に相当します。
Going Digital Awardのプレゼンテーションを見る
ポッドキャストを聴く

使用製品


インフラストラクチャデジタルツインズ

現実の世界と仮想世界をつなぐ


SYNCHRO 4D

iTwinを活用




その他の使用製品: MicroStation、ContextCapture、OpenBuildings Designer

image image image

多分野型の設計およびエンジニアリングソリューション

Steven Yule Steven Yule Steven Yule

「データを共通の環境にまとめることで土木エンジニアの作業はずっと楽になりますが、それだけではありません。より適切で迅速かつ効果的な意思決定が可能になる結果、クライアントにより良い価値を提供できるようになると考えています」


Steven Yule氏

Jacobs社、シニアアソシエイトディレクター兼プラクティスグループリード