デジタルツインで信頼性の高い情報を確保

都市システム

GISとBIMからの4Dデジタルツインへの進化

都市システムにデジタルツインが必要な理由

  • 自治体の部署間や設計および建設エコシステムとの間で信頼できる情報を共有し、計画からパフォーマンス管理までインフラをサポート
  • 複数の部門間で分断されているデータソースを連携・統合
  • 体系的に変更を追跡、管理、可視化
  • 意思決定のキーパーソンのための行動につながる情報を提示
  • パフォーマンスとコラボレーションの優れたチームを実現
  • すべての関係者および住民との連携を確立

デジタルツインへの道

幸い、自治体にはすでに膨大なデータがあります。そのデータを統合して都市のリアリティモデルに関連付け、すべての関係者がアクセス可能にする方法を紹介します。また、そのデータを管理し、時系列で変更を追跡可能にする方法を説明します。各自治体にとって現在最も重要なユースケースと優先事項から取り組めるよう、サポートします。


デジタルコンテキストの作成

現実の状況に基づくデジタルコンテキストをインテリジェントなセマンティックモデルに追加し、キャンパスまたは都市レベルでのデジタルツインを作成します。さらに詳しく


データの統合

オープンなコネクトデータ環境により、情報のサイロを最小化します。これはデジタルツインを活用するワークフローを実現するための最初の一歩です。さらに詳しく


都市計画とプロジェクトの可視化

都市レベルのデジタルコンテキストとデジタルツインがあれば、都市計画や関係者との連携にさらに役立つツールを利用できます。さらに詳しく


都市型洪水レジリエンス

デジタルツインは、サイト、キャンパス、都市型洪水のレジリエンスのモデル化、シミュレーション、解析に役立ちます。さらに詳しく

Digital Twins