Bentleyによるデジタル化

成都市

成都市では、4.3キロメートルに及ぶ道路、歩道、地下埋設インフラの新設を含む再開発プロジェクト(総事業費13億8,000万人民元)において、BIMとGISをデジタルツインへと進化させました。その結果、すべての関係者の効率化が実現されました。デジタルツインに基づくワークフローによって、各設計分野および建設の専門技能が向上し、将来の都市レベルのすべてのプロジェクトで参考にできる事例になりました。

結果

  • 成都市では、計画、建設、解体、資産管理にデジタルツインを活用。また、ContextCaptureを使用してデジタルコンテキストを作成し、都市全体のリアリティメッシュモデルを開発
  • OpenRoadsとOpenBuildingsにより道路および橋梁構造物のモデリングをサポートし、ProjectWiseにより道路、橋梁、ユーティリティにまたがる設計のコラボレーションを実現、作業効率が20%向上
  • 多分野型ソリューションにより、成都市は16の不整合を検出および解決し、建設図面作成の時間を120時間短縮
  • LumenRTによって、すべての関係者にとってプロジェクトの詳細が美しくかつわかりやすく表現され、承認を迅速化

「インテリジェント交通とデジタルモデルは、デジタル都市の基盤です。デジタルツインによって軽量なモデルが得られるので、BIMアプリケーションの用途をプロジェクトからデジタル資産のデリバリにまで拡げることができます。

Zhiyong Yang氏

Chengdu Municipal Engineering and Research Design Institute
プロジェクトディレクター

使用製品

ContextCapture

リアリティモデリングソフトウェア

OpenRoads

土木設計ソフトウェア

OpenBuildings

多分野型ビル設計ソフトウェア

ProjectWise

プロジェクトデリバリとコラボレーションソフトウェア

その他の使用製品: LumenRT、Descartes、gINT

都市システム向けの多分野型ワークフローにより効率化を推進


矢印

Bentleyの都市システムソリューションの詳細はこちら

image image image