鉄道と線路の状態の解析

鉄道インフラストラクチャのあらゆる側面と経時的な状況をすばやく把握。過去のメンテナンス作業を確認し、そこから情報を得ることができます。線路やその他の保線資産について適切な決定を行い、どの作業を実施する必要があるか、どの部分に重点的な作業が必要かを判断して、作業を実施するタイミングを予測できます。線路レイアウト、マイル標、カーブ、計画作業、作業履歴、レールの不具合、総トン数、保全ゾーン、線路カテゴリ、予測される今後の資産状況など、200種類を超える鉄道資産データを一括してインタラクティブに参照して解析できるため、鉄道・輸送資産が良好に修理された状態を維持することができ、鉄道ネットワークの安全性、パフォーマンス、信頼性が向上します。 
 

ビッグデータとIoT(モノのインターネット)
軌道検測車、地中レーダー探査、レーザースキャナ、ビデオレコーダーなどのデータ収集システムや保線作業員によって、1日で膨大な量のデータが生成される可能性があります。迅速にアクセスや解析ができるように、AssetWiseは効率的にこのデータを保存、リンク、相関するため、保守に関してタイムリーで正確な意思決定を行うことができます。AssetWiseでは、数テラバイトになることもある、数十万件の調査結果を含むデータセットを管理できます。

データ解析およびルールエンジン
AssetWiseには、線形ネットワーク対応のデータ処理ルールとコマンドを200個以上含むライブラリがあり、これらのルールやコマンドを適用して、実用的な情報を抽出できます。これらのルールを使用して、欠陥のクラスターを検出する、線路劣化の傾向を把握してむら直しを計画する、測定データからスパイクやフラットラインを抽出するなどの操作が可能です。また、ルールを組み合わせて高度なデータ解析を実行し、既存のデータをさらに活用することもできます。

データの視覚化
大量の複雑な線形データを、ユーザーがすぐにアクセス、理解、利用できる実用的な情報に変えるには、データの視覚化が不可欠です。直線ダイアグラム視覚化機能を使うと、鉄道網上の任意の地点について、構成されているデータタイプを任意に組み合わせて視覚化した有用な情報に即座にアクセスできます。

ソースデータの統合
AssetWiseは、任意の数のソースから取得した線形資産データをまとめて、場所と時間を基にデータを相関させることができます。AssetWiseには、ファイルをインポートするための機能や既存のデータベースとWebサービスにリンクして他のシステムと通信するための機能など、さまざまな統合機能が用意されています。AssetWiseは、線形データ解析と離散データ解析を組み合わせて、その解析結果を非線形システムに戻すことで、離散型または階層型の資産データシステム(EAMやその他のCMMSなど)や資産管理システムと連携したデータ活用も実現できます。

さらに読む +
Intelligent Infrastructure Ahead
Uptime Magazine article by Andrew Smith
Learn More
OpenRail for Asset Performance Rail and Transit Solution for Operations and Maintenance
Learn how OpenRail can improve your rail and transit asset performance with capabilities that improve service, safety, and reliability.
Learn More
OpenRail for Asset Performance Brochure
Improve overall accessibility, quality, integrity and relevance of rail asset data.​​
Learn More