鉄道と線路の状態の解析

鉄道インフラストラクチャのあらゆる側面と経時的な状況をすばやく把握。過去のメンテナンス作業を確認し、そこから情報を得ることができます。線路やその他の保線資産について適切な決定を行い、どの作業を実施する必要があるか、どの部分に重点的な作業が必要かを判断して、作業を実施するタイミングを予測できます。線路レイアウト、マイル標、カーブ、計画作業、作業履歴、レールの不具合、総トン数、保全ゾーン、線路カテゴリ、予測される今後の資産状況など、200種類を超える鉄道資産データを一括してインタラクティブに参照して解析できるため、鉄道・輸送資産が良好に修理された状態を維持することができ、鉄道ネットワークの安全性、パフォーマンス、信頼性が向上します。 

線形資産の意思決定サポート機能を使用することで、次のことが可能になります。
  • 良好な修理状態の実現と維持
  • 鉄道資産情報の解析 
  • 鉄道の状態の評価 
  • マッピング情報の統合
  • 鉄道保全計画 

AssetWise Operational Analyticsには、BentleyのOptramの機能も統合されています。

AssetWise Operational Analyticsについてご覧ください。

Intelligent Infrastructure Ahead
Uptime Magazine article by Andrew Smith
Learn More

AssetWise Operational Analytics for Rail and Transit

  • Comprehensive decision support for a state of good repair
Learn More