2018年1月23日

Bentley Systems、S-Cube Futuretechの買収を通じてコンクリートビルの設計・文書化製品を拡充

コンクリート構造解析、設計、文書化ソリューションが新機能を加えて進化

ペンシルベニア州エクストン — 2018年1月23日 — インフラストラクチャ強化のための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業、Bentley Systems, Incorporatedは本日、S-Cube Futuretech Pvt. Ltd.の買収を発表しました。S-Cube Futuretechは、ムンバイを拠点とするコンクリートビルの設計・文書化ソフトウェア会社です。同社のアプリケーションが加わることで、Bentley製品は、インド、東南アジア、中東のコンクリートエンジニアリング設計・文書化ソフトウェアユーザーのニーズに特化して拡充します。

S-Cube FuturetechのRCDC、RCDC FE、RCDC Plan、Steel Autodrafterなどのアプリケーションは、コンクリート構造ビルのエンジニアや設計者に柔軟かつ強力な設計・文書化ソリューションを提供します。コンクリートエンジニアリングドキュメントの自動作成は地域固有の要件に対応しており、広く使用されているBentleyの構造解析、鉄筋設計、BIMアプリケーション、STAAD、RAM、AECOsim Building Designerを補完する優れた価値と機能をユーザーに提供します。

Bentley設計エンジニアリング解析担当バイスプレジデントのRaoul Karpは次のように述べています。「今後30年間で20億人以上の人が世界中の都市にあふれるでしょう。この成長は、アジア、特にインド、中国、東南アジア諸国の発展途上市場に集中し続けます。効率的で自動化されたコンクリート設計・細部設定ツールは、あらゆる国でこの需要への対応力強化に役立つでしょう」

2014年以来、Bentley SystemsとS-Cubeは、完全に統合されたコンクリート設計・解析アプリケーションの開発を協力して進めてきました。今回の買収によってS-CubeとBentleyそれぞれのエキスパートチームの知識基盤が1つになり、多年にわたる業界経験が集約されることで最先端の構造設計および解析技術が実現します。

Bentleyの設計エンジニアリング担当シニアバイスプレジデントであるSantanu Dasは次のように語っています。「S-Cubeのエキスパートチームとともに働くことを楽しみにしています。このチームが持つ実証済み技術によって、STAAD、RAM、AECOsim Building Designerのユーザーはインタラクティブで自動化されたコンクリート設計および作図機能を活用できるようになります。これには、インド、中東、東南アジア市場向けにコンクリート設計および作図の自動化ソリューションを提供してきたS-Cubeの豊富な経験が活かされています」

S-Cube FuturetechのCEO、Sajit Nair氏は次のように述べています。「構造解析と設計分野の世界的リーダー企業であるBentleyは、最先端のBIMおよび構造解析技術、強固なユーザー中心主義、また、当社のソリューションがより広い市場へ展開するのに役立つグローバル市場での経験を持っています。他ではなし得ない、短期間で世界中のより多くのユーザーにより多くの機能と可能性を提供することに意気込みを感じています」

S-Cube Futuretechについて
S-Cube Futuretechは、エンジニアの作業に変革をもたらすというビジョンと信念を持ったダイナミックなエンジニアチームによって2012年に設立されました。同社が最も重点を置いているのは、エンジニアリング業界向けのソフトウェアベースのプロセス自動化および統合ソリューションを設計・開発することです。詳細については、www.s-cube.inをご覧ください。

Bentley Systemsについて
Bentley Systemsは、エンジニア、建築家、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレーターにインフラストラクチャの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。Bentleyのユーザーは、各分野にまたがり、インフラストラクチャのライフサイクル全体に対応するインフォメーションモビリティを活用し、パフォーマンスに優れたプロジェクトとアセットを実現できます。Bentleyのソリューションには、インフラの設計・モデリングを行うMicroStationプラットフォーム、インフラプロジェクトチームの協業と作業共有のためのProjectWiseプラットフォーム、インフラ資産運用のためのAssetWiseプラットフォームを包含し、すべてが広範なポートフォリオの互換性アプリケーションに対応し、カスタマイズされた成功戦略で補われています。

Bentleyは1984年に設立され、50カ国以上に3,000人近くの従業員を擁し、年間売上高は6億ドルにのぼります。また、2011年以来10億ドル以上を投資して研究、開発および企業買収を推進しています。Bentleyの詳細については、www.bentley.comをご覧ください。

 

関連する画像:

 

RCDCで作成されたコンクリート梁補強立面図

 

RCDCで作成されたコンクリート柱補強立面図

 

RCDC FE(2)を使用したべた基礎設計

 

RCDC FEを使用した鉄筋コンクリートスラブ設計

 

RCDC FEを使用した鉄筋コンクリートスラブのドキュメント

 

##

Bentley、Bentleyの“B”のロゴ、AECOsim Building Designer、AssetWise、MicroStation、ProjectWise、RAM、STAADは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。

Bentley Public Relations

Jennifer Maguire
Corporate Communications Director
1-610-458-2695

Christine Byrne
Media Relations Senior Manager
1-203-805-0432

Contact Bentley PR