• 工業フォーラム

    Year in Infrastructureカンファレンス
    2017年10月10~12日 | サンズ・エキスポ&コンベンションセンター | マリーナベイサンズ(シンガポール)

インダストリアルフォーラム

現在の経済情勢では、一度で正確に物事を達成することの重要性が高まっています。鍵となるのは、建設スケジュールを前倒ししながら、または運転上の安全を確保しながら、スケジュールや予算を厳守してプロジェクトを遂行しているかどうか、つまり予測可能かつ再現可能な成果を達成することです。これまで、目的達成の一番の目安として"コンプライアンス"が用いられてきましたが、業界は現在、結果測定の基準として"成果"を見る傾向が強まっています。

インダストリアルフォーラムでは、契約条項の簡潔化による信頼の構築、関係者間の連携を促進するためのサプライチェーンの教育、設計の最適化と効率化、作業時間などのKPIの活用、第三者パフォーマンスの計測など、革新的な技術とベストプラクティスについて討論します。また、プロジェクトの計画・実行後、その"成果"を測定することで、明確かつ持続的なパフォーマンスの向上を実現し、プロジェクトデリバリと継続的な運用の両方を改善する方法について集中的に取り上げます。

フォーラム司会者: Ken Adamson(建設、電気、プラント、構造担当バイスプレジデント)