• 線形道路ネットワークの管理

    道路ネットワークの管理と保守

線形道路ネットワーク管理ソリューション

交通ネットワークインフラストラクチャの管理と、資産や線形イベントなどあらゆる関連情報の管理が可能です。道路網や道路資産の信頼性の高い情報源として、線形道路ネットワークの管理、線形参照および意思決定をサポートします。 

オーナーオペレーターは、Bentleyの線形道路ネットワーク管理ソリューションの空間データに基づくネットワーク編集や強力な動的セグメント化機能を活用して、線形資産のライフサイクル全体での管理に伴う複雑で多様なニーズに対応できます。GISの地理空間データではなく、ビジネスデータ主体で管理することで、ビジネスの成果を向上できます。正確なネットワークモデルを維持し、企業内に分散している資産情報をそのモデル上に配置、レポート、表示します。

ネットワーク管理と位置管理を統合して一元的に管理するため、ネットワークが変更されると、自動的に位置情報が更新されます。データの入力先が一本化されるので、1つの資産に関して複数の種類のデータを個別に更新することで生じるリスクを削減できます。ネットワークに変更があると、関連する資産やイベントの位置情報がすべて自動的に更新されます。このようにして、道路のライフサイクル全体を通じて、関連するすべてのネットワーク位置情報の一貫性を確保しています。

 
さらに読む +
機能
  • アセット情報の検索と管理

    • 統合された環境で空間および論理データを管理します。 単一のプロセスで道路資産情報の検索と管理を行い、ビジネスデータと空間データの整合性を保ちます。
  • 複雑な道路ネットワーク要件を管理する

    • 変更履歴のライフサイクルを追跡しながら、道路ネットワークの中心線と線形オフセットを管理します。 構築、改善、およびメンテナンス中に発生する進行中の変化を反映するために、ネットワークを空間的に作成および更新します。
  • 道路と構造資産を管理する

    • 線形道路ネットワーク上の道路および構造資産を管理して、道路ネットワークに対する意思決定支援を提供するデジタルツインを維持します。
  • データ分析と報告の合理化

    • GISやITリソースに頼らずに、複雑な分析や空間レポートを実行して、道路や高速道路の状態、性能、操作特性を収集、統合、分析します。
  • 複数のリニア レファレンス メソッドを活用する

    • さまざまなネットワークタイプとリニア レファレンス メソッドをサポートするために、複数のリニア レファレンス メソッド(LRM)を活用します。 多くの物理的表現を含む概念的なネットワークを作成し、同じビジネスデータをネットワークに適用します。
Simplify reporting, regardless of LRS or asset management system

Overcome the challenges of producing HPMS, ARNOLD, MIRE, and ADA reports

Learn More
AssetWise for Roads and Bridges Brochure

Improve Accessibility, Quality, Integrity, and Relevance of your Road and Bridge Information

Learn More
詳細を確認する

この製品の詳細に関心をお持ちですか。

営業担当者へのお問い合わせ