• アセットパフォーマンス管理

    資産の安全性、可用性、稼働時間を最大化する

アセットパフォーマンス管理ソリューション

インフラは複雑なものであり、標準的な健全性と安全性を確保しながら確実にオペレーションを行い、業界や環境の規制に準拠することが必要になります。アセットパフォーマンス管理ソリューションを使用すれば、過去およびリアルタイムの運用データと資産データを収集して解析することで、アセットパフォーマンスの向上とコストの削減を実現し、中核事業における重大な意思決定を支援することが可能になります。APMを使用することで、一貫性のある最適化された検査および保守計画を策定して、運用上のリスクを軽減し、全体的な信頼性、効率性、および可用性を高めることができます。
さらに読む +
機能
  • 資産のリスクの分析と優先順位付け

    • リスクに基づいて、資産の優先順位付けを体系的かつ客観的に行います。実績のあるこの手法によって、設備資産の故障の潜在的影響を評価して事業の目標を達成するための技術基盤を構築できます。評価は、システムレベルまたは故障モードレベルで行うことができます。安全性、環境保全、スループット、品質などの基準を使用して、結果の重大性をランク付けできます。
  • データの傾向の解析

    • 運用パフォーマンスデータと資産パフォーマンスデータのパターンを見いだすことで、より賢明な決定とタイムリーなアクションを行うことができます。過去情報とリアルタイム情報に基づいてパフォーマンスをモデリングし、将来起こる可能性のある事柄を特定することにより、今取るべき行動が明らかになります。
  • 生産性損失の解析

    • 「有害」資産を迅速に特定して改良することにより、予測可能な生産を実現できます。資産の故障による生産性損失を視覚化して解析します。影響を評価し、生産性に最も大きな影響を与える資産に焦点を合わせた行動計画を導入することで、早期の収益改善につながります。
  • 信頼性を重視したメンテナンス解析の実施(RCM2)

    • JA-1011準拠のRCM2によって、リスクを低減し、資産の安全性と信頼性を確保します。RCM2は、物理資産が現在の運用コンテキスト内でユーザーが求める機能を継続的に発揮できるようにするために、実施する必要がある作業を決定するために使われるプロセスです。新しい資産の設計段階で使用されますが、詳細なメンテナンスプログラムが適用されているが適切なパフォーマンスを得られない資産についても使用されます。
  • 根本的原因の解析の実行

    • RCA(計算された重要度指標)へのリソースの投資が必要となる故障を特定し、データ駆動型の事実に基づいたアプローチによって、繰り返し発生する資産の故障の根本原因を突き止めます。AssetWiseにより、潜在的な故障の根本原因(故障の原因となり得ること)を積極的に特定し、故障を回避するために必要な措置を取ることができます。
  • 資産階層と信頼性プログラムのコピー

    • スマートコピーウィザードを使用して、資産階層全体とすべての関連情報をコピーすることで、実装が速まり、プログラム整合性が改善されます。プラントや施設内で保守プログラムを効果的かつ効率的に共有できます。設定したルールに基づいて正しいマッピングがウィザードによって判別されるため、構造は正確に一致している必要はありません。
  • 資産の信頼性戦略の策定と維持

    • 技術的に有効な信頼性、整合性、安全性と、知識体系の保守を実現できます。次いで、AssetWise APM Asset Health Monitoringを使用して、日毎にプログラムを実行します。これにより、予期せぬダウンタイムを排除し、コストを削減し、安全性と運用の目標を達成できます。
  • エンタープライズシステムとの統合

    • AssetWise APMのエンタープライズシステムとの統合により、スピードアップを図れます。多くのバックオフィスシステムおよびデータソースとの接続とインターフェースにより、1つの共有スペースにある技術を迅速かつ簡単に活用できるようになります。人員、プロセス、システム、技術をつないで組み合わせ、適切な人員が適切なプロセス、リソース、情報を適切なタイミングで利用できるようにします。
  • 配管および圧力容器の整合性管理

    • 固定配管と圧力容器の機械的な保全性を維持することで、劣化による封じ込め喪失リスクを最小限に抑えます。Bentleyのリスクベース検査プロセスは、AssetWise APMの点検データ管理システムによって有効となり、資産が安全であり信頼性が高いことを証明します。
  • 構造健全性および腐食の管理

    • AssetWise APMの構造健全性および腐食管理ソリューションを使用して、資産の寿命を延ばすことが可能です。このソリューションにより、既存の検査技術が補完されるため、健全性への確信が深まり、検査コストも削減されます。構造解析やリスク評価技術などの査定プログラムを導入することにより、構造的な故障のリスクを軽減できます。
  • 作業者の知識のモデル化と管理

    • 知識を個々人の頭の中に収めておく時代は終わり、人員の退職や削減によってその知識が失われることはありません。AssetWise APMを使用すれば、知識の収集、格納、管理、転送を安全に行えるため、信頼性計画、整合性計画、運用計画の保守におけるベストプラクティスを確実に実施できます。その結果、シームレスな遷移が実現し、作業停止時間を最小限に抑えながら効率を最大限に引き出すことができます。
  • 資産の正常性のモデリング、監視、および視覚化

    • 運用、エンジニアリング、および保守が連携してインフラおよび生産資産を管理する方法を変更します。「新しい制御室」とも言うべき一点集中型グラフィカルダッシュボードを使って資産パフォーマンスをモデリング、監視、管理して、優れた運用と保守に向けたより良い意思決定をサポートします。
  • メンテナンスのプロセスと方法の標準化

    • 人員、プロセス、テクノロジーがBentleyのAPM実装方式と連携することにより、1つまたは複数の施設において、積極的な信頼性および整合性管理プロセスの開発と維持が容易になります。
  • 運用データの検証

    • 受信データに対して偽造などの不審なデータ異常がないか確認するための計算を行い、運用情報にエラーがなく正確であることを保証します。値は削除や置換のほか、後続のアクションのアラームをトリガーするためにも使用できます。これにより情報の整合性が保たれ、将来の意思決定に役立ちます。
  • 資産パフォーマンスデータによるモデルの可視化

    • 信頼性計画または保全性計画の作成時、また検査の実施前に、複雑な資産についての理解を深めることができます。AssetWise APM内のi-modelは、単なるラベル付きの図ではなく、エンジニアリング情報のコンテキストで資産を伝えるため、資産の2Dまたは3D情報モデルから直接発せられる状態検査アラームの調査と確認ができます。
詳細を確認する

この製品の詳細に関心をお持ちですか。

営業担当者へのお問い合わせ
Solution Playbook

Playbookに、このソリューション用のBentley製品を示します。役割別のリストについてはPlaylistをご覧ください。

製品
  • AssetWise ALIM
    製品概要
    AssetWise ALIM

    資産のライフサイクル全体を通して、資産情報、線形ネットワークおよび変更管理を制御できます。

    さらに詳しく
    使用者
  • AssetWise Asset Reliability
    製品概要
    AssetWise Asset Reliability

    事業リスクを低減し、安全性、信頼性、コスト効率性という資産価値を確保できます。

    さらに詳しく
    使用者
  • AssetWise Enterprise Interoperability
    製品概要
    AssetWise Enterprise Interoperability

    複数のデータソースやサードパーティ製システムへのアクセスを可能にすることで、連携したデータ環境を拡大し、資産情報に対する共通認識を形成できます。

    さらに詳しく
    使用者
  • AssetWise Operational Analytics
    製品概要
    AssetWise Operational Analytics

    運営上の意思決定をスマートに行うことで、ほぼリアルタイムに予測が可能となり、ビジネスプランを策定するための情報が得られます。

    さらに詳しく
    使用者
職種
  • Project Team