• シンガポール土地管理局

    シンガポールの3Dマッピング

    シンガポール

プロジェクト概要

プロジェクト

シンガポール土地管理局が進めるこの総予算800万シンガポールドルの国家プロジェクトは、国の高解像度3D地図を制作し、維持することを目的としました。このプロジェクトはシンガポール全土、700平方キロメートルを超える地域を対象としていました。このプロジェクトでは、膨大な量のデータをキャプチャし、複数のデータ形式で2Dおよび3Dデータセットを作成し、さらに1つのリポジトリでデータの相互運用とデータセットの管理をサポートする必要がありました。

ソリューション

シンガポール土地管理局は、オブリーク画像技術、航空レーザースキャン、モバイルレーザースキャン、地上スキャンなど、複数の高速マッピング技術を採用したため、50テラバイトを超える量のデータがさまざまな形式で生成されました。課題はデータの管理と更新でした。プロジェクトチームは、Bentley Mapを使うことで、直接接続とWeb Feature Services(WFS)を介してOracle Spatialの3D情報を直接作成、保守、配布しているほか、データベースへのマルチユーザーアクセスを可能にしました。

成果

3DマップデータとCityGMLモデルは政府機関やパートナーと共有され、革新的かつ包括的に技術と研究を活用することによる生活の質の向上とビジネスチャンス拡大を目的としたバーチャルシンガポールとシンガポールのスマート国家構想をサポートします。オープン標準(CityGMLとLandXML)およびサービス(WFS)を採用しているため、既存のコンピュータシステムを改修しなくても、関係者はすぐにデータを利用することが可能です。共通情報モデルのCityGMLは、データ、コンピュータシステム、およびサービス間の連携を容易にします。そのため、相互運用性の問題に伴うコストが削減されます。

ソフトウェア

シンガポール土地管理局は、Bentleyと緊密に連携しながら、Oracle SpatialにCityGMLスキーマを実装しました。Bentley Mapにより、Oracle Spatialへの直接接続が可能になり、Oracle Spatialを 1 つに統合された信頼できる情報ソースとして、3D情報を作成、保守、配布しています。3D情報をOracle Spatialに保存することで、Bentley Mapから直接、さまざまな形式でのデータ配布が可能になっています。これは、データの整合性を維持しながら、各種プラットフォーム間でのデータ共有を容易にします。
Outcome/Facts
  • The project goal was to meet the demands of as many agencies as possible for 3D mapping data that supports daily operation, planning, and risk management.
  • Singapore Land Authority created 3D models including digital terrain models, digital surface models, 3D building models, and 3D road models.
  • Data and products generated by the project meet the requirements of partner agencies such as the Public Utilities Board (flood management) and the Civil Aviation Authority of Singapore (flight safety).
Quote:
  • “Bentley's strength in 3D editing and it's interoperability with Oracle Spatial database is key in the implementation of a national 3D city model database.”

    Dr. Victor Khoo Deputy Director, Land Survey Division Singapore Land Authority