• チリ公共事業省

    チャカオ橋

    チリ、ジャンキウェ県、チロエ島

プロジェクト概要

プロジェクト

全長2.75キロのチャカオ橋は、南米最長を誇るつり橋です。主径間は1,055メートルと1,155メートル、航路制限高は50メートルとなる予定です。3本の主塔が、それぞれ157メートル、175メートル、199メートルの高さにそびえ立ちます。公共事業省はチロエ島とチリ本土をつなぐこの橋梁の建設を7億4,000万米ドルで委託しました。架橋地点は地震が多く、強潮流や海溝、強風で知られており、エンジニアリングや建設上大きな課題とされてきました。

ソリューション

公共事業省は設計の検証、構造の評価、建設可能性の検討を担当しています。海峡中間の岩石層の沈下によって、175メートルの逆Y型塔の建設中に大きな課題が発生しました。同省はRM Bridgeの高度な力学と風解析の機能を駆使し、この問題を解決しました。3Dコンピュテーショナル解析が代替案の評価や設計品質の向上に役立ちました。

成果

苛酷な環境条件を考慮してRM Bridgeのパラメトリック解析機能を使ったことで、代替案の評価や構造設計の検証にかかる時間を短縮できました。チャカオ橋が2020年に完成すれば、チロエ島と港湾都市プエルトモントの生活の質が向上し、商業と観光も振興されます。荒れた海峡をその都度横断していたフェリー便に代わってチャカオ橋が使われることになります。チリ政府は、商業の振興によって6%の投資利益率を見込んでいます。

ソフトウェア

チリの公共事業省は、橋梁の設計、解析、建設を行うために、Bentleyの優れた橋梁エンジニアリングソフトウェアであるRM Bridgeを導入。さらにgINTも取り入れてデータ管理を効率化し、地質工学や地球環境への取り組みに関するレポートも効率的に作成しました。RM Bridgeは、複雑な構造設計を確認し、設計の修正が必要な現場の状況に素早く対応できる強力なツールであることが実証されました。

Outcome/Facts
  • Bentley software streamlined the evaluation of alternatives that were prepared under changing design requirements, and facilitated work sharing and cross checking among team members.
  • Global analysis with RM Bridge saved time and reduced costs by simplifying information exchange with other software.
  • The detailed wind studies, time-history analyses, and seismic scenarios helped to improve the quality of the bridge design.
Quote:
  • “RM Bridge has been a very powerful tool for the challenging design tasks of the Chacao Bridge, improving the checking process and ensuring quality in the process. The software is an excellent platform for innovation.”

    Ing. Matias Valenzuela, PhD. Ministerio Obras Públicas de Chile