• Hatch Ltd.

    キーヤスク水力発電所プロジェクト

    カナダ、マニトバ州、ネルソン川

プロジェクト概要

プロジェクト

Manitoba Hydroは、カナダのマニトバ州内の電力供給量拡大を目的とする、再生可能エネルギーを利用した発電所として695メガワットのキーヤスク水力発電所の設計をHatch Ltd.に依頼しました。同発電所で得られた電力は、輸出売買にも利用されます。Hatchがこの巨大プロジェクトの詳細なエンジニアリングを進める過程において、発電所の複雑なコンクリート構造と周辺インフラの設計では、3Dデータ中心のモデル、仕様、および施工図面を作成する必要があることが明らかになりました。型枠、鉄筋、埋め込み要素間のクラッシュの削減と、大規模なフィールドエンジニアリングの合理化に必要なチェックを自動化するために、Hatchでは共同設計をサポートする統合型のBIM手法を採用する必要がありました。

ソリューション

HatchはProConcreteやその他のBentley製品を駆使して、全部門間で調整された3Dモデルを作成しました。これにより、早期請負者関与(ECI)から設計段階にいたる設計の調整と視覚化が向上しました。Hatchは、コンクリート構造の正確な3D鉄筋モデルを作成し、クラッシュ検出を自動化して、ファブリケーションおよび施工の前に競合を特定しています。オフィスと離れた場所にあるプロジェクト現場間の情報共有を促進するため、HatchではProjectWiseと、BentleyのモバイルアプリケーションをインストールしたiPadを活用しています。

成果

Bentleyの統合BIMプロセスを利用することで、正確な3Dモデリングを作成し、プロジェクト成果物を自動で迅速に生成できるようになり、コラボレーションと情報モビリティを最適化できました。その結果、プロジェクトコストが削減され、プロジェクトデリバリまでの時間が短縮し、ファブリケーションと建設上の問題も迅速に解決できるようになりました。Bentleyのモデリングソフトウェアによって、個々のコンクリート打設や鉄筋工事の決定、土木工事の正確な位置決めが容易になり、プロジェクトモデルの精度が劇的に向上しました。これは、数量見積もりに関するリスクを最小化し、現場での意思決定を向上させました。

ソフトウェア

ProConcreteを利用することで、モデル内の複雑な形状にも対応でき、鉄筋設計の質が向上しました。また、ProConcreteはECI中にも使用され、詳細図面の承認のターンアラウンドタイムが削減されました。相互運用性が高く共同作業に適したBentleyの3Dツール(AECOsim、Bentley Navigator、Bentley Raceway and Cable Management、gINT、InRoads、MicroStationなど)とBentleyのモバイルアプリケーションを活用することで、プロジェクトの全関係者間の調整がしやすくなり視覚化も向上しました。成果物の自動生成や正確なモデルと部品表の作成も可能になり、手作業での調整の手間を軽減できました。

Outcome/Facts
  • Hatch used Bentley’s BIM processes to design Manitoba Hydro’s 695-megawatt Keeyask Generating Station, which will provide renewable hydroelectric energy to approximately 400,000 homes annually and income to the Canadian province through export sales.
  • ProConcrete allowed Hatch to develop a process to place rebar along the complex shapes of the hydroelectric concrete structure and generate standard rebar schedules and drawings, minimizing manual design and checking times.
  • Bentley’s 3D modeling tools ensured accurate design of concrete reinforcing and automated clash detection throughout the project lifecycle, accelerating resolution of fabrication and construction issues.
  • Using Bentley’s collaborative, interoperable modeling software and mobile applications as part of the early contractor involvement (ECI) process optimized information sharing. This enabled timely and accurate design changes to enhance construction planning and reduce overall project costs.
Quote:
  • “The drive to use more sophisticated tools in rebar design has been limited in part due to the minimal complexity of rebar design in foundations and plinths and low-cost third parties. ProConcrete handles parametric standard rebar requirements quite well and can automate this process considerably. However, the complex shapes and sheer complexity of rebar placement in hydro projects makes the design process more labor intensive with significant manual design checking required. This manual effort can reduce the effectiveness of project collaboration. By enabling Bentley 3D modeling, all participants benefited from increased information quality.”

    Kevin Rikley Project Delivery Technologies Hatch Ltd.