• MMC Gamuda KVMRT (T) Sdn. Bhd.

    マレーシア地下鉄メガプロジェクトにおけるBIMおよびGISデータ取得のためのドローン調査

    マレーシア、クアラルンプール

プロジェクト概要

プロジェクト

スンゲイ・ブロウ-スルダン-プトラジャヤ(SSP)路線は、クアラルンプールの密集した市街地とその南郊外を貫く52.2キロメートルの鉄道路線で、完成後には約200万人の利用が見込まれています。このマレーシア初の地下鉄メガプロジェクトでは、13.5キロメートルの双設掘進トンネルと17箇所の個別の建設現場(最大で17,000平方メートル超)で建設工事を行います。MMC Gamuda Joint Venture(MMC)は、75億米ドルをかけたこのプロジェクトの設計と施工性の最適化をターンキーで請け負っています。MMCでは、大規模な高架と地下の複合線路のレール位置調整や、その他の膨大なデータに対応するため、測量、モデリング、情報共有を迅速、正確かつ安全に実行できる統合テクノロジを必要としていました。

ソリューション

MMCは、無人航空機を使用し、プロジェクトの路線に沿って数百の高画質画像と膨大な量のデータを取得。ContextCaptureでそれらの画像を処理し、現場の正確な3Dリアリティメッシュを作成しました。ProjectWiseを使用してオープンなコネクトデータ環境を構築したことで、クラウドベースのBIMとGISのデータプラットフォームでリアリティモデルを利用するための相互運用性が実現し、現在の現場の状況をより深く理解できるようになりました。またMMCは、建設現場のデジタルツインを生成し、リアリティモデリングの用途を拡大するための統合ワークフローを開発しました。

成果

ドローンとContextCaptureを使用したことでリアリティキャプチャのワークフローが迅速化され、生産性が従来の測量方法のおよそ30~50倍に向上しました。クラウドベースの複数のプラットフォームにまたがるコネクトデータ環境で作業することで、3Dモデルに簡単かつ合理的にアクセスできるようになりました。これにより、現在の現場の状況を理解してより的確な意思決定を行うのにかかる時間が大幅に短縮されました。MMCは、リアリティキャプチャとBIMの組み合わせによってリアリティモデリングの枠を広げ、正確な測定、進捗状況の監視、リスク管理を実現してプロジェクトデリバリを産業化しました。柔軟なテクノロジソリューションにより、デジタル測量、モデリング、データ共有プロセスが円滑化し、測量士、プロジェクトマネージャ、エンジニアの工数が1,000人時以上削減されました。

ソフトウェア

ContextCapture によってリアリティモデリングを最適化し、無人航空機で撮影した重なり合った画像を、写真のようにリアルな現場の3D表現に変換しました。MMCは、これらの表現をBIM設計モデルと統合し、現場の制約や状況をチームが簡単に理解できるようにしました。ContextCaptureの正確で信頼性の高い3Dリアリティメッシュにより施工性と設計のレビュープロセスが強化され、距離、面積、体積をすばやく測定して大幅に時間を削減できるようになりました。また、ProjectWiseを使用したことで、クラウドベースのGISとBIMのデータプラットフォームの相互運用性とアクセシビリティが向上し、プロジェクトチームと関係者の間でリアリティモデルをさまざまな形式で効率的に共有することができました。

プロジェクトプレイブック: AssetWiseComplyProContextCaptureNavigatorOpenRailProjectWise

成果と現状
  • MMCは、従来の測量方法を根本から変えて、マレーシアの75億米ドル規模の地下鉄メガプロジェクトの設計と建設を最適化しました。
  • 無人航空機とContextCaptureによってコスト効果の高いデータ取得ソリューションが実現し、1,000人時以上の工数が削減されました。
  • ProjectWiseをクラウドベースのデータプラットフォームと統合したことで、3Dリアリティメッシュへのアクセスが合理化され、エンジニアや建設業者が現在の現場の状況やコンテキストをより正確に把握できるようになりました。
引用:
  • 「MMC Gamudaではリアリティモデリングの利用が当たり前となりつつあり、このことがContextCaptureの使い勝手の良さを物語っています」

    Ronan Collins氏 プロジェクト情報管理部門責任者 MMC Gamuda