• Heilongjiang Construction High-Tech Capital Group Co., Ltd.

    Heilongjiang Construction Industry Modernization Demonstration Parkのデジタルアプリケーション

    中国、黒竜江省、ハルビン市

プロジェクト概要

    • Heilongjiang Construction High-Tech Capital Group Co., Ltd. - Digital Application in Heilongjiang Construction Industry Modernization Demonstration Park

プロジェクト

36億人民元の総工費をかけた黒竜江省のHeilongjiang Construction Industry Modernization Demonstration Parkは環境保全型の象徴的な施設です。用地面積126万平方メートルのこのプロジェクトによって、Heilongjiang Construction High-Tech Capital Groupのプロジェクトデリバリと製造プロセスが改善されます。このパークプロジェクトが成功することで、より環境に配慮した建設方法が黒竜江省に採用され、サプライヤ、インテグレータ、サービスプロバイダのリーダーとしての同グループの地位が確立されることが期待されています。パークの施設は、建築鋼構造、道路・橋梁鋼構造、特殊コンクリート、カーテンウォールなどのプレハブ部材の製造に使用される予定です。Heilongjiang Construction High-Tech Capital Groupは、3つのフェーズのうち、パークの計画および設計の調整と実施、ならびに竣工後の生産管理、運営、維持を任されています。プロジェクトチームは、設計スケジュールが厳しい、多分野型チームの共同作業を促進する統一プラットフォームがない、非効率的な測量方法で必要工数が増えているといった課題に直面していました。

ソリューション

パークのレイアウトを計画するにあたり、Heilongjiang Constructionは用地設計チームに対し、最も効率性が高く、プレハブ部材の運送および建設に適した配置を要求しました。また、チームは、プロジェクトのコンテンツやCADファイルを管理するために、コネクトデータ環境を使用して共同作業環境を実装しました。この堅牢なコラボレーションシステムがなければ、エンジニアリング情報を統合してチーム内で共有することは困難だったでしょう。Heilongjiang Constructionでは、ビル情報モデリングデータと地理空間情報システムのデータを組み合わせるために、写真測量テクノロジを用いてエリア全体の3Dリアリティメッシュを作成しました。アプリケーションの測定機能によって重要なデータを抽出し、そのデータをプロジェクトの道路モデリングソフトウェアと統合して道路のレイアウトと付帯施設を生成しています。最後に、チームはクラッシュ検出ソフトウェアを導入して問題を解決し、製造された部材のサイズと重量を考慮したうえで、生産から保管までの最善のルートを判断しました。

成果

Heilongjiang Constructionは、幅広い用途に対応するプロジェクト管理システムと、統合されたデジタル設計アプリケーションを組み合わせて使用し、設計時間を5日間、コスト評価時間を80%削減しました。リアリティモデリングソフトウェアを活用して正確な3Dモデルを作成し、土工の測定と計算を改善しました。また、このソフトウェアによって、補強工事の詳細設計の20%改善、原材料ロスの5%削減、資源費の60%削減も達成しています。用地レイアウトの最適化の際にクラッシュを検出して解決したことで、車両のアクセス性と利用率が50%増加しました。最後に、共通のプラットフォームで作業したことで450万人民元の建設費を節約し、完全なライフサイクル資産管理ソリューションを実現しました。

ソフトウェア

チームはContextCaptureを使用して、プロジェクトエリアの3Dリアリティモデルを構築しました。OpenRoads ConceptStationを使用したことで、計画策定の効率が大幅に向上しました。鉄骨構造の生産工場のモデル化にはProStructuresを活用しました。また、プロジェクトチームは、OpenBuildings Designerを使用して、個々の部材にタイプ、サイズ、材料などのパラメータ情報を割り当てました。STAAD.Proによって後処理と結果のレビューが容易になりました。MicroStationでブレハブ部材のラインレイアウト設計とアセンブリ計画のテンプレートを最適化することで、類似のテンプレートの回転率を最適化しました。ProjectWiseによって資産ライフサイクル全体の管理プラットフォームを実現し、チームの共同作業と、設計と建設の同時進行を可能にしました。Navigatorでクラッシュを検出して解決し、最適な用地レイアウトを実現しました。

プロジェクトプレイブック: ContextCaptureLumenRTMicroStationNavigatorOpenBuildings DesignerOpenRoadsProjectWiseProStructures、STAAD

成果と現状
  • Heilongjiang Construction High-Tech Capital Groupは、厳しい設計スケジュールでの作業を要求されていましたが、多分野型プロジェクトチームの共同作業を促進する統一プラットフォームを保有していませんでした。
  • チームは、ビル情報モデリングデータと地理空間情報システムのデータを組み合わせるために、写真測量テクノロジを用いてエリア全体の3Dリアリティメッシュを作成しました。
  • チームは、補強工事の詳細設計の20%改善、原材料ロスの5%削減、資源費の60%削減を達成しました。
引用:
  • 「建築、設計、建設のどの部門でも、設計、建設、生産、管理のどの段階でも、デジタルツインモデルの優位性を活かしてプロジェクトデリバリと資産管理に対処できました。また、革新的な作業・生産管理方法によって、労働力や原料を大きく削減しながら、機械やテンプレートの回転率を高めることもできました」

    Xuyuan Liang氏 副事務総長 黒竜江省BIMテクノロジ開発組合