• Golder Associates(Hong Kong)Limited

    香港MTR西港島線契約703 – 上環-西営盤トンネル建設

    香港

プロジェクト概要

    • Golder Associates (Hong Kong) Limited - Hong Kong MTR West Island Line Contract 703-Sheung Wan to Sai Ying Pun

プロジェクト

香港島を走る西港島線は、西区の大渋滞を緩和する完全地下鉄です。2億米ドルの西港島線契約には、既存のインフラに囲まれた2つの単線トンネルの建設が含まれていました。このプロジェクトのコンサルティングを請け負うGolder Associates(Hong Kong)Limited(GAHK)では、前例のない地質工学的課題を克服するために、トンネルルートに沿ったいくつかの建物の下について所定のグラウト保護基準を満たす必要がありました。

ソリューション

GAHKは、トンネル施工、解体、掘削のための地質工学サービスを提供しました。このプロジェクトの建設が進んでいた2009年にはあまり一般的ではなかった3D有限要素解析を実施することで、チームは、多数の杭とトンネル独自のアライメントを考慮しながら、制約を克服することができました。以前は困難または不可能だった状況を解析、モデリングし、地盤と構造物の相互作用のリアルかつ厳密な3D解析を開発しました。

成果

パラメトリックモデリングと解析は、設計を最適化し、トンネル施工の安全性を高めながら、時間とコストを節減するのに役立ちました。地質工学エンジニアリングアプリケーションを活用したソリューションは、建物に必要なグラウト保護の作業量を最適化して建設期間を最大3か月短縮すると同時に、グラウト材およびコンクリート材7,000立方メートル、二酸化炭素排出量1,500トンの削減も実現しました。3D解析に基づいて、交通量の多いエリアにグラウト管を設置するための一時的な迂回を回避することにより、20万トンもの二酸化炭素排出量が削減されました。さらに厳密な3D解析は、安全要件のあらゆる有用性や要素を引き続き満たしながら、設計を複雑化することなく削減効果を示しています。10年を経た今、GAHKは、今後のトンネル施工プロジェクトの計画から建設、保守段階にわたるデジタルツインを作成することで、さらなる成功を収めようとしています。

ソフトウェア

PLAXISを使用し、入札時の請負業者設計案のモデリングと解析、関連する地下構造物の設計、および建設シミュレーションを実行しました。3Dモデルから施工図面を効率良く作成するためにはMicroStationが使用されました。このプロジェクトは、優れた技術が認められ多くの賞を獲得しましたが、それには、トンネル施工、解体、および掘削作業についてのPLAXISによる地質工学解析が不可欠でした。

プロジェクトプレイブック: MicroStationPLAXIS

成果と現状
  • 2009年から2014年にかけて、GAHKは、香港島西港島線建設の地質工学的な解析に携わりました。
  • PLAXISを活用したソリューションは、建物に必要なグラウト保護の作業量を最適化して建設期間を最大3か月短縮しました。
  • 10年を経て、GAHKは、今後のトンネル施工プロジェクトの計画から建設、保守段階にわたるデジタルツインを作成することで、さらなる成功を収めようとしています。
引用:
  • 「このプロジェクトは、この10年間に多くの賞を受賞してきました。非常に複雑な解体工程やトンネルと杭の相互作用、深礎杭掘削の地質工学的解析にPLAXIS 3Dを使用しなかったら、このように優れたトンネル機構は実現しなかったでしょう」

    Lee Siew Wei氏 ディレクタ Golder Associates(Hong Kong)Limited