• PT. Wijaya Karya

    国道網の地滑り災害防止

    インドネシア、西ジャワ州、チアンジュール

プロジェクト概要

プロジェクト

西ジャワ州で毎年開催されるIndonesian Homecoming Festival(インドネシア帰郷祭)の2か月前に大規模な地滑りが発生し、ボゴールとチアンジュール間の道路が被害を受け、すでに問題があった西ジャワ州の幹線道路の交通状況はさらに悪化しました。公共事業省は、PT. Wijaya Karya(WIKA)に、被災箇所の災害防止対策と並行して有効な事前調査を行うように依頼しました。予算290万米ドルのこのプロジェクトでは、現場や環境にまつわるさまざまな課題があったため、統合設計技術を導入して、厳守が必要な5か月の納期に間に合わせる必要がありました。

ソリューション

WIKAは、Bentleyの技術を使用して、デジタル3D BIMおよびリアリティモデリングソリューションを導入し、データの収集、設計、建設管理を行いました。無人航空機とContextCaptureを使用して現場を調査し、リアリティメッシュを基に地形抽出を実行して、デジタル地形モデルを生成しました。OpenBuildings™ Designer(以前のAECOsim Building Designer)とOpenRoads™の機能を利用して、迅速に用地、コリドー、付随する施設を設計しました。また、Navigatorを使用してクラッシュ検出を行い、建設前に問題を洗い出し、解決しました。連携されたデータ環境としてProjectWise®を活用し、情報共有とチーム間の調整を行いました。

成果

Bentleyの統合技術ソリューションによって、設計と建設の期間が30%(3か月)短縮され、厳しい5か月の納期を守ることができました。連携されたデータ環境での作業により、設計ワークフローが合理化され、設計期間が最大20%短縮されました。デジタル統合モデリング環境を用意することで、設計費用が66万米ドル削減されました。共同作業型のデジタルBIMのアプローチにより、設計品質が95%向上しました。

ソフトウェア

航空写真とContextCaptureを使用してリアリティモデリングを行うことで、従来の調査手法よりも6日間少ない期間で既存の用地の状態を把握できました。地滑りが発生しやすい状態の用地であることを踏まえて、PLAXIS®を利用して地質学的解析を実行し、地耐力特性を確認して構造設計を行いました。OpenRoadsとProStructuresを使用して、地盤の状態に対応できるように道路設計と補強の詳細設計を最適化し、OpenBuildings Designerを使用して正確な2D図面と3D図面の出力を管理しました。Bentley Navigatorを使用してクラッシュ検出と建設シミュレーションを行い、設計ミスを可能な限り排除し、リアルタイムの建設モニタリングを実現したことで、158,000米ドルの費用を削減できました。

Project Playbook: ContextCapturegINTLumenRTNavigatorOpenBuildings Designer、 OpenRoadsPLAXISProjectWiseProStructures

成果と現状
  • 3Dのデジタルリアリティモデリングアプローチを採用し、用地の課題を克服、5か月という短納期を達成
  • 従来の手法では一週間かかっていたところを、ドローン航空機とContextCaptureを使用することで、1日で現場の測量と既存の状態のモデリングを完了
  • Bentleyの統合プロジェクトデリバリプラットフォームにより、ワークフローを合理化して、66万米ドルを節約し、設計・建設期間を3か月短縮
  • Bentleyの相互運用性に優れた設計アプリケーションによって正確な材料の抽出と建設シミュレーションが可能になり、費用と効率が最適化され、全体的な品質が95%向上
引用:
  • 「デジタル手法により、費用の最適化、プロジェクト期間の短縮、正確な設計を実現できました。BentleyのBIMソリューションは、課題を解決できる最適なソリューションです。」

    Romi Ramadhan氏 BIMマネージャ PT. Wijaya Karya