• Enorsul – 公衆衛生サービス

    配水システムの最適化と損失の削減

    ブラジル、ペルナンブーコ州、オリンダ

プロジェクト概要

プロジェクト
Compesaが水を供給するブラジル、ペルナンブーコ州のオリンダ市では、以前は湧水池と深井戸が干上がっていました。都市部の急激な人口増加に対応しようと年を追うごとに給水システムを拡大してきたため、Compesaはその運用効率を高める必要がありました。そこでEnorsul Saneamentoが委託を受け、Compesaの給水システムを最適化し、水の損失を56%削減しました。その一環として、インフラの交換と改良の優先順位付け、43の計測・制御セクター(MCS)の導入を行いました。

ソリューション
Enorsulは、WaterCADとWaterGEMSを使用して水理シミュレーションを作成し、426キロメートルに及ぶ配水網の運用最適化、水の損失の原因究明と削減、将来わたって需要に対応するために必要な変更の決定を行いました。効果的なモデリング手法によって、調査と診断のための期間が18か月から10か月に短縮されました。

成果
Enorsulは、現状を正確に表現する水理シミュレーションモデルをWaterGEMSによって実現し、それを使用して優先的な改善プロジェクトの解析や評価、判断を行いました。たとえば、新たに設計された配水システムの効果により、物理的損失が2021年までに46%から36%に減ることが明らかになりました。また、シミュレーションの結果は2037年までに物理的損失が29%に減ることを示しています。計画的介入から6年半以内に投資を回収できると経営陣は見込んでいます。

ソフトウェア
設計チームは、WaterGEMSを使用することで、実験モデルの作成にかかる膨大なコストを回避。データベースの既存データ、地籍記録、計画、消費曲線、計量情報、履歴データ、地理参照要素を組み込んで、費用を抑えながら技術チームの作業を効率的に促進することができました。

プロジェクトプレイブック:WaterCADWaterGEMS

成果と現状
  • 現状を正確に表現する水理シミュレーションモデルをWaterGEMSで実現することで、優先的な改善プロジェクトを評価、判断できました。
  • 水理シミュレーションモデルに基づくと、新しい配水システムの運用により、2021年までに物理的損失が46%から約36%に減る見込みです。
  • 計画的介入から6年半以内に投資を回収できる見込みです。
引用:
  • 「WaterGEMSとWaterCADのおかげで、オリンダ給水システムの改善提案を評価できました。25万人を超える地域の住民、労働者、旅行者にメリットがもたらされるというものです。これは、この機能が基本的な公衆衛生企業にとっていかにすばらしいかを示すほんの一例ですが、この機能には人々の暮らしを改善する力があります。このプロセスに大きく貢献するのがBentleyです。」

    Vanessa Finamore Miranda氏 環境・公衆衛生エンジニア Enorsul