• COBA – Consultores de Engenharia e Ambiente

    Kholombidzo水力発電所

    マラウイ、ブランタイア

プロジェクト概要

プロジェクト
COBA Engineering and Environmental Consultantsは、マラウイのシーレ川沿いに建つ200メガワットのKholombidzo水力発電所の事前調査と予備エンジニアリング設計の委託を受けました。プロジェクトには、複雑なダム構造および地上の発電所の設計と解析も含まれ、現場の調査とコストの見積もりも必要でした。また、竣工までのスケジュールに加え、土木、機械、電気の各工事の仕様書も作成する必要がありました。COBAが直面した主な課題は、大規模な土砂移動作業を含む大量のデータを管理すること、初期段階で最適な設計を概念化しすべての変更を文書化すること、最善のインフラソリューションを提供するために現場の地質、水理、構造面での制約を活かすことの3つでした。

ソリューション
プロジェクトはBentleyとAutodeskのハイブリッド環境で共同3Dデジタルモデリング手法を用いて進められました。3DモデルはAECOsim Building Designerを使用して作成され、2Dの出力はAutoCADでの注釈付けと情報追加のために使用されました。この手法は、同社の従来のワークフローを順守しながら、BIMアプローチのメリットをもたらしました。また、このプロセスにより、事前調査を実施したうえで最適な設計を判断し、マラウイの電力供給の信頼性を高めるとともに、将来の需要に備えることができました。

成果
プロジェクト終了までに、Bentleyのアプリケーションを用いて14の地理座標3Dモデルを作成し、計画中のインフラのデジタル表現に組み込みました。3Dモデリングの使用により、図面作成とコスト見積もりの生産性が15%向上しました。Bentleyの技術を利用すると、分散したチームが同時に作業しながら、これまでより迅速かつ正確に情報を解析できるため、時間の節約と成果物の品質および精度の向上につながりました。また、さまざまな部門の作業を3Dモデルに統合することで、"クラッシュのない"モデルを構築することや、情報を簡単に共有すること、3次元図形とメタデータを相互に関連付けることが可能になり、エンジニアリング設計が迅速化しました。

ソフトウェア
COBAでは、AECOsim Building Designer、MicroStation、OpenRoads DesignerといったBentleyの設計アプリケーションをベースとするデジタル環境を作りました。この環境により、すべての部門がMicroStationとその参照機能を使用して安全かつ簡単に3Dモデルにアクセスできるようになりました。モデルは従来の集中サーバーに保存され、COBA内部のファイル命名規則に従っているため、チームは最新の情報に確実にアクセスできました。

プロジェクトプレイブック:
AECOsim Building DesignerMicroStationOpenRoads Designer
成果と現状
  • プロジェクトチームはBentleyのアプリケーションを用いて、14の地理座標3Dモデルを作成し、計画中のインフラのデジタル表現に組み込みました。
  • 3Dモデリングにより、図面作成とコスト見積もりの生産性が15%向上しました。
  • MicroStationを使用すると、分散したチームが同時に作業しながら、これまでより迅速かつ正確に情報を解析できるため、時間の節約と品質および精度の向上につながりました。