• ContextCapture Mobile

    スマートフォンで撮影した写真から3Dモデルを作成

ContextCapture Mobile

ContextCapture Mobileを使用すると、プロジェクトを簡略化してさまざまな規模に対応できるようになります。チームメンバーは時間やリソースをかけずに誰でも手軽に現状を文書化できるため、コストも低減します。

ContextCapture Mobileでは、BentleyのContextCaptureクラウド処理サービスを利用し、スマートフォンやタブレットで撮影した画像から簡単に3Dリアリティメッシュを作成、表示できます。作成したリアリティモデリングデータは、ProjectWise ContextShareに保管されます。これは、BentleyのConnected Data Environmentを拡張するクラウドサービスです。リアリティメッシュは、ProjectWiseユーザーにストリーミングされ、設計、解析、建設の各モデリングワークフローで使用されます。

ContextCapture Mobileアプリは、Apple StoreまたはGoogle Playからダウンロードしてください。ContextCaptureクラウド処理サービスおよび他のすべてのリアリティモデリングクラウドサービスのご利用にはリアリティモデリングのVisaサブスクリプションが必要です。

機能
  • 多くのカメラやセンサーの種類からイメージを消費する

    • スマートフォンから高度に特殊化された空中または地上の多方向取得システムまで、幅広い種類のカメラを活用してください。 利用可能な画像形式とメタデータを利用して3Dモデルを作成します。
  • 2Dおよび3DのGISモデルの生成

    • トゥルーオルソ写真、ポイントクラウド、ラスターデジタル立面モデルなどの幅広い地理空間データタイプを使用して、正確なジオリファレンス3Dモデルを作成できます。使用するGISソリューションとの相互運用性を確保するために、SRSデータベースインターフェースが搭載されています。
  • 3Dメッシュモデルの生成

    • OBJまたはFBX、ポイントクラウド形式といった従来の幅広いCAD形式に加え、Bentleyのオープンな3SMや3XMなどの革新的なマルチ解像度メッシュを使用して、3Dモデルを生成できるため、モデリング環境内のモデルへのアクセス性が確保されます。
  • CADおよびGISワークフローとの統合

    • MicroStation、Autodesk Revit、Graphisoft ArchiCAD、およびTrimble SketchUpと簡単に統合できるため、進行中の作業の全期間にわたってワークフローとネイティブ設計との同期が保たれ、標準の3D形式で追加コンテンツをインポートできるようになります。車両シミュレーションのエクスポート、断平面の追加、層のオン/オフの切り替えを確実に行い、ラベル付けなどの作業用のモデルインテリジェンスを活用できます。
  • モデルデータの測定と解析

    • 3D表示インターフェース内で直接、距離、量、表面積の正確な測定を行うことで、時間を節約し、正確な答えを得ることができます。
  • 空中三角測量と3Dリコンストラクションの自動実行

    • それぞれの写真の相対位置と方位を自動的に識別し、すべての画像を完全に較正します。自動3D再構築、テクスチャマッピング、関係性と再構築の制約の再テクスチャリングの各機能を活用することで、非常に正確なモデルを生成できます。
  • Web対応モデルの発行と表示

    • Web発行に最適化され、無料のプラグインWebビューアで表示できる、さまざまな規模のモデルを作成できます。これにより、Web上で3Dモデルを簡単に共有し、表示することができます。
ProjectWise ContextShare
Securely manage and share large amounts of reality modeling data. 
Learn More
Explore and analyze 3D reality meshes with ContextCapture Viewer
Get more data and value from your 3D reality meshes.
Download Now