• ContextCapture Center

    デジタル写真からさまざまな規模の3Dモデルを作成

アジア航測

ContextCapture Center

ContextCapture Centerを使用して、さまざまな種類のインフラプロジェクトにおける既存状態の3Dモデルを、都市全体のような大規模で複雑なものを含めて、迅速に生成できます。任意のデジタル写真を利用でき、UAV画像取得システムなど、最先端の空中カメラシステムもサポートしています。高価な専用機材を用意しなくても、高精細な3Dリアリティモデルを簡単に作成し、既存の状態に関する詳細なコンテキストを得ることができます。これは設計、建設、運用の意思決定に役立ち、プロジェクトのライフサイクル全体で活用できます。

特殊なデータ収集機材に投資したり関連のトレーニングに時間をかけたりしなくても、精度の高いリアリティメッシュを低コストで作成します。通常のカメラで撮影した写真を使って、エッジが鋭く細部まで表現された、幾何学的精度の高い3Dモデルを簡単に生成できます。

ソフトウェアの限界に達するリスクを気にすることなく、さまざまなサイズと解像度のモデルを短時間で確実に作成します。非常に詳細なモデルをほぼすべてのサイズや解像度で生成でき、都市全体という規模にも対応できます。また、複数のコンピュータを使用する並列処理をサポートしたことで、従来よりも大幅に高速化されています。

既存の状態の詳細なリアリティメッシュを利用し共有して、任意のCADワークフローやGISワークフローで活用できます。MicroStation内でネイティブ使用できるファイル形式を含め、さまざまな形式の情報を一貫した方法で簡単に共有し、デスクトップやモバイルデバイスからアクセスして利用できます。ソフトウェア開発キットを利用すると、組織内の独自のニーズに合わせたカスタムソリューションも作成できます。

デスクトップコンピュータでこのようなContextCaptureモデルを表示するときには、マウスの中ボタンで回転、右ボタンでパン、スクロールホイールまたは左ボタンでズームします。タッチ対応デバイスの場合、2本指でタッチしてひねると回転、ピンチするとズームになります。その他、測定や表示スタイル設定のコマンドは、ウィンドウの右上隅にあるメニューを開いて使用できます。

機能
  • 多くのカメラやセンサーの種類からイメージを消費する

    • スマートフォンから高度に特殊化された空中または地上の多方向取得システムまで、幅広い種類のカメラを活用してください。 利用可能な画像形式とメタデータを利用して3Dモデルを作成します。
  • Consume laserscan data

    • Import static or mobile laserscan data. Combine it with photos to get very high accuracy reality meshes.
  • アニメーション、ビデオ、フライスルーの作成

    • 任意のサイズのスナップショットをレンダリングすることにより、高解像度の正射投影画像および透視画像を作成できます。正確な再利用のために、出力ルーラー、スケール、およびポジショニングを使用して、画像のサイズとスケールを設定します。直観的に操作可能な時間ベースのフライスルーとオブジェクトアニメーションシステムを利用して、すばやく簡単にムービーを作成できます。
  • 忠実度の高い画像の作成

    • 忠実度の高い画像ツールを使用して、正確なマッピングとエンジニアリングをサポートします。事実上あらゆるフォーマットの画像を投影と組み合わせることが可能です。
  • スケーラブルな地形モデルの作成

    • 非常に大規模な地形モデルを使用し、表示できるため、大規模データセットに対する投資利益率(ROI)が高まります。影付きのスムースシェーディング、アスペクト角、立面図、傾斜、等高線など、さまざまなモードで大規模な地形モデルを表示できます。地形モデルをDGNファイルやポイントクラウドデータなどのソースと同期することもできます。
  • スケーラブルな計算能力の導入

    • デスクトップ向けの最新コンピューティングシステムを利用し、処理ユニットをクラスタ化する機能や、GPU汎用演算、マルチコアコンピューティング、高度なバンドルブロック調整、タイル分割メカニズム、タスクのキュー処理と監視、グリッドコンピューティング、超巨大プロジェクト管理を活用する機能で、処理速度が向上します。
  • 2Dおよび3DのGISモデルの生成

    • トゥルーオルソ写真、タイル分割、空中三角測量データ(KML、XML、およびEsri I3S形式としてエクスポート)などの幅広いGIS形式を使用して、正確なジオリファレンス3Dモデルを作成できます。SRSデータベースインターフェースが搭載されているため、使用するGISソリューションとの相互運用性を確保できます。
  • 3D CADモデルの生成

    • STL、OBJ、FBXなどの従来のCAD形式やポイントクラウド形式、Bentleyオープン3MXなどの革新的なマルチ解像度メッシュを使用して3Dモデルを作成し、モデリング環境でモデルにアクセスできるようにします。
  • リアリティメッシュと多くのソースからのデータを統合する

    • 地理空間情報などの追加データをメッシュの特定の部分に付けることで、リアリティメッシュを豊かにし、後で関連データに基づいてメッシュの領域を検索して視覚化することができます。
  • 測位データの統合

    • 地上制御点またはGPSタグを正確に地理参照モデルに活用する。 これにより、プロジェクトをジオコーディネーションし、座標、距離、面積、容積を正確に測定することができます。
  • モデルデータの測定と解析

    • 3D表示インターフェース内で直接、距離、量、表面積の正確な測定を行うことで、時間を節約し、正確な答えを得ることができます。
  • リアリティモデリングデータからのモデルジオメトリ

    • リアリティメッシュや点群からブレークライン、ペイントライン、サーフェス、プレーン、シリンダ、およびシリンダの中心線を抽出します。 点群とリアリティメッシュを効率的にクリップしてセクション化し、ベクトル抽出を合理化します。
  • 空中三角測量と3Dリコンストラクションの自動実行

    • それぞれの写真の相対位置と方位を自動的に識別し、すべての画像を完全に較正します。自動3D再構築、テクスチャマッピング、関係性と再構築の制約の再テクスチャリングの各機能を活用することで、非常に正確なモデルを生成できます。
  • Web対応モデルの発行と表示

    • Web発行に最適化され、無料のプラグインWebビューアで表示できる、さまざまな規模のモデルを作成できます。これにより、Web上で3Dモデルを簡単に共有し、表示することができます。
  • リアリティモデリングのデータの可視化、操作、編集

    • 数十億点のポイントクラウドを視覚化して編集し、分類を変更したり、ポイントを色付けしたり削除したり編集したりできます。 数百万の三角形で現実のメッシュとスケーラブルな地形モデルを操作します。 メッシュのインポート、レタッチ、エキスポートができます。
Create high-end scalable 3D models
See how fast and easy it is to create 3D reality models of any size and scale with ContextCapture Center.
Learn More
Explore and analyze 3D reality meshes with ContextCapture Viewer
Get more data and value from your 3D reality meshes.
Download Now
On Demand Webinar: Turning Photo into a 3D Model and Base Plan
Learn how CEDARVILLE Engineering Group, LLC has developed a four-step reality modeling workflow to generate an accurate 3D reality mesh with ContextCapture.
Watch video