• AutoPIPE Nuclear

    原子力発電所設計サイクルの短縮

原子力発電所用配管設計および解析ソフトウェア

AutoPIPE Nuclearでは、ASME Class 1、2、3に準拠した臨界安全配管の設計が可能です。承認された国際原子力規格に確実に準拠しつつ、プラントの設計および製造サイクルを短縮します。 新規または既存のプラントに対する最も広範な設計基準への対応により、世界中のプロジェクトで効率的に準拠を示すことができます。
さらに読む +
機能
  • 配管応力の解析と可視化

    • 静的および荷重シーケンス非線形解析によって、エンジニアリング設計の安全性を確保します。熱、振動、風、動的負荷のケースなど、さまざまな荷重条件で解析を実行します。応力、たわみ、力、モーメントを簡単に表示できます。
  • 配管応力の変位と衝突のチェック

    • 温度、地震、または他の極端な負荷条件などの負荷状況による配管応力の変位を特定することによって、プラントモデルの精度を高めます。配管と構造物に適用される負荷条件を解析してから、NavigatorまたはOpenPlant Modelerを使用して衝突を評価および解決します。
  • 産業コードと標準規格を順守

    • 電力、原子力、オフショア、化学、石油、ガスの各産業における30以上の国際設計規格をプロジェクトで確実に遵守できます。ASME、英国、欧州、ドイツ、日本、ロシア、API、NEMA、ANSI、ASCE、AISC、UBC、ISO、WRCのガイドラインおよび設計規制に対応します。
  • 配管の設計とモデリング

    • パラメトリックコンポーネントカタログに基づいて、国際的な配管仕様に沿った3D配管システムの設計、モデリング、および解析が可能です。設計品質と設計生産性の向上を目的として、3D配管モデルを配管応力解析ツールに統合します。全体的なエンジニアリング整合性と配管モデルの品質を改善します。
  • 配管応力解析のための構造モデルの参照

    • STAAD.Proの構造モデルを作成することによって設計データを再利用します。また、AutoPIPEにインポートしてより現実的で、十分に統合された双方向の配管と構造解析が可能です。また、配管サポート負荷を含む最終的な配管モデルをBentleyのSTAADモデルにインポートします。
詳細を確認する

この製品の詳細に関心をお持ちですか。

営業担当者へのお問い合わせ
皆様に選択肢がある5つの理由

オートデスクの永久ライセンスをBentleyアプリケーションにアップグレードすることで、永久ライセンスの投資価値を維持できます。

さらに詳しく