• 配管応力と容器の解析

    国際的な設計における広範な規格への対応

配管応力と容器の解析

一般的なプラント設計アプリケーションから配管モデルをインポートして高度な配管応力解析を実行することにより、プロジェクトを効率化してエラーを最小限に抑えます。自動化されたワークフローにより、国際規格に確実に準拠しつつ、容器、熱交換器、空気冷却器、タンクの設計をより迅速に、より安全にし、費用対効果を高めます。原子力施設特有の広範な解析および設計基準に対応し、業界標準に準拠して、原子力施設の配管設計を迅速に作成します。

製品
  • AutoPIPE
    配管設計を迅速化し、国際規格への準拠を保証します。
  • AutoPIPE Nuclear
    承認された国際規格に確実に準拠しつつ、原子力発電所用配管の設計および製造サイクルを短縮します。
  • AutoPIPE Vessel
    あらゆる負荷条件において圧力容器の安全操作を確保するコスト効果に優れた正確な設計を実施できます。
  • AutoPIPE Advanced
    実績のある、拡張性の高い高度な統合配管応力解析により、あらゆる規模のプロジェクトで基準に適合した配管設計のデリバリを促進します。