• SACS Fatigue

    安全性の設計

疲労寿命評価および再設計用ソフトウェア

SACS Fatigueを使用して、オフショア構造物の疲労寿命を評価できます。風、波、スペクトル、時刻歴、決定論など、オフショア構造に特有のさまざまな疲労解析によって、循環負荷に起因する故障のリスクを最小限に抑えます。完全に包括的な自動化された対話型の疲労設計および解析機能を使用して、基準への準拠を確実にすることができます。このソフトウェアはSACS Offshore Structureと完全に統合されているため、データ共有によって時間を節約できます。
さらに読む +
機能
  • スペクトルおよび時刻歴解析による動的応答の評価

    • 非線形の地盤解析と構造解析、および動的なスペクトル/時刻歴疲労解析によって、疲労寿命を評価します。突風効果や空間相関などのスペクトル風疲労計算を実行します。長期的な波の作用による疲労損傷を評価します。
  • オフショア構造ワークフローの自動化

    • 共通の構造モデルで作業し、カスタマイズ可能なテンプレートを使用して、複数の解析を管理できます。業界標準の手法に従って、データは1つの解析ステップから別のステップへ自動的に引き渡されます。自動化ワークフローにより、設計探索のための大規模で複雑なモデルの管理が簡略化されます。
  • 疲労寿命の計算

    • 自動継ぎ手メッシュや業界標準の定義済みSCFルールを使用し、変動する複雑な応力集中係数を計算して、オフショア設計基準に準拠できます。標準S-N曲線またはユーザー定義のS-N曲線を使って、風や波による疲労を評価できます。
  • 疲労データで構造を再設計

    • 構造データおよび疲労パラメーターを変更して継ぎ手を対話型に再設計し、管継ぎ手の疲労寿命を最適化できます。継ぎ手の疲労再設計を行う際は、時刻歴解析を考慮に入れます。
皆様に選択肢がある5つの理由

オートデスクの永久ライセンスをBentleyアプリケーションにアップグレードすることで、永久ライセンスの投資価値を維持できます。

さらに詳しく
詳細を確認する

この製品の詳細に関心をお持ちですか。

営業担当者へのお問い合わせ