SACS

オフショア構造解析および設計ソフトウェア

SACSを使用して、オフショア構造物の設計、解析、安全性、信頼性を改善できます。

SACS Fatigue

疲労寿命評価および再設計用ソフトウェア

オフショア構造物の故障リスクを減らし、詳細な疲労寿命計算を行うことができます。

疲労寿命を正確に評価

SACS Fatigueではさまざまな解析が可能であるため、あらゆる角度から疲労寿命を評価できます。非線形の地盤解析と構造解析、動的なスペクトル/時刻歴疲労解析、スペクトル風疲労計算(突風効果と空間相関を含む)、および長期的な波の作用による損傷評価を使用して、オフショア構造物の寿命を解析できます。


オフショア構造ワークフローの自動化

共通の構造モデル内でカスタマイズ可能なテンプレートを使用すると、複数の解析を簡単に管理できます。データは、業界標準の手法によって、1つの解析ステップから別のステップへ自動的に引き渡されます。この自動化ワークフローによって大規模で複雑なモデルの管理が簡略化されるため、チームはより多くの設計オプションを検討できます。


オフショア設計基準の遵守が容易

組み込み済みのチェック機能を使用して構造上のコンプライアンスを確保し、臨界条件で結果をフィルタリングできます。設計と構成の最適化により、現在および過去の膨大な国際コードを遵守します。


価格

4,754ドル


SACS software is used to analyze offshore structures.
構造的完全性エンジニア、Wilson John氏

Zakum Development Company

「SACSソフトウェアとそのオーダーメイドの拡張機能は、最短時間で実行可能なソリューションを求める構造的完全性エンジニアにとって非常に有用なツールです」

SACSの概要ビデオ

優れたオフショア構造エンジニアリングの実現

SACS Offshore Structureでは、オフショア設計基準に包括的に対応することでコンプライアンスを保証します。船舶の影響と落下物の解析を通じて設計を改善して安全な運用を実現し、オフショアに特化した荷重生成を通じてリスクを最小化します。解析および疲労のインタラクティブなグラフィカルレビューを通じて、複雑な構造応答を可視化します。

注目のユーザー事例

Zakum Development Company

船舶の影響を受けるウェルヘッドプラットフォームに対する構造健全性評価

アブダビのウェルヘッドプラットフォームにおける船舶衝突事故後の石油生産再開を目的とした300万米ドルのプロジェクトで、Zakum Development Company(ZADCO)には構造的完全性を評価・回復することが求められました。評価によって確認された保険金請求の正当性を説明するため、ZADCOは、構造設計概要書を作成し、杭と地盤の相互作用をモデル化してプラットフォームと杭の安全性を判断し、衝突および衝突後の構造物の挙動をシミュレーションする必要がありました。地盤の硬さがまちまちであること、船の速度データが不確かであること、モデルが古いことなどから、ZADCOは、正確な被害状況を把握するためにオフショアモデリング・解析ソフトウェアを活用する必要がありました。

Offshore Oil Engineering Co., Ltd.

PL19-3油田ジャケット設計および「着床式洋上構造設計ツール」ソフトウェアの開発

中国北東部に位置する渤海湾で進められている88億人民元規模の渤海開発プロジェクトは、中国海洋石油集団有限公司(CNOOC)とConocoPhillips China Inc.とのジョイントベンチャーです。このプロジェクトでは、既存の施設を拡大して、2基の40スロットのウェルヘッドプラットフォーム、1基の中央プラットフォーム、および関連パイプラインとケーブルを建設する予定です。エンジニアリング・調達・建設・設置(EPCI)の請負業者として、CNOOC Offshore Oil Engineering Co., Ltd.(COOEC)は、オフショア構造物の詳細な設計とエンジニアリングソフトウェアの開発に携わりました。