• SVDESIGNER

    3D地質工学的概念モデル作成ソフトウェア

SVDESIGNER

SVDESIGNER™は、使いやすい3D概念モデルビルダーです。エンジニアリング段階の建設・設計データ、トポロジデータ、ボーリングデータ、ピエゾメーターや現場計器による地質工学的データを可視化、最適化、統合して、後続の数値モデリングに活用できる明確な概念モデルを作成することで、モデルの作成時間を大幅に短縮します。
機能
  • 材料体積の計算

    • 材料体積を計算して、建設作業に活用できます。
  • 施工順序の設定

    • 施工順序: アースダムや採掘作業で敷設する資材の層やリフトの順序を、3Dの概念モデルで簡単に表現できます。
  • モデルを簡単に作成

    • 使い慣れたユーザーインターフェースを採用し、アイコンや関数もわかりやすくなっています。機能は予想どおりに動作するため短期間で操作を習得でき、モデリングをすぐに開始できます。
  • クライアントプレゼン用にリアルなビジュアルを作成

    • 3Dの概念設計図をキャプチャして、クライアントへのプレゼンや設計案の検討に活用できます。現場の航空写真のドレープ表示も可能です。現場の連続写真を接近飛行(フライバイ)により撮影して、動画としてエクスポートできます。
  • 図形を編集

    • 既存の図形を編集できるよう、さまざまな機能を実装しています。したがって、既存のトポロジと新しい地質工学設計を統合できます。編集機能はサーフェスのグリッドやメッシュとも統合されています。
  • 数値モデリングモジュールへのエクスポート

    • 図形シナリオの2Dまたは3Dの表現は、どのSVOFFICE™5の数値モデリングモジュールへもエクスポートして解析できます。エクスポートしたモデルでは、グリッドまたは三角メッシュの使用が可能です。
  • 堆積面を生成

    • ユーザーが定義した充填シナリオについて、スラリー化した一連の堆積面を生成します。その後、勾配と体積の関係を示す適合曲線を生成できます。
  • ボーリング情報のインポート

    • インターフェースからCSVファイルの岩質データをインポートすることも、gINTデータベースをSVDESIGNERに組み込むこともできます。
  • 複数のファイル形式のインポート

    • 一般的な3Dファイル保存形式の大半に対応します。これによりSVDESIGNERでは、関連データを統合した3Dの現場ビューを同じ座標系上で表現できます。
  • 現場データを統合

    • センサーメトリッククラウドプラットフォームからピエゾメーターデータなどの現場データを収集・統合し、時間の関数としてピエゾメーターの位置や水位を表示できます。
  • サーフェスの交差

    • グリッド、TIN、またはMVMで表現されたサーフェスの交差を実現できます。
  • サーフェスカットを実現

    • 山の斜面を切り込む形での道路の設計など、地形への切り込みを簡単に実行できます。露天掘ピットなどのマイニングカットの表現も可能です。
  • 複雑な3Dサーフェスを表現

    • さまざまな形式の3Dサーフェスをインポートして、数十万もの要素で構成されるグリッドや三角表面として表現できます。