• PLAXIS 2D Dynamics

    包括的な動的荷重

2D地質工学的動的モデリングソフトウェア

PLAXIS 2D Dynamicsを使用して、人工または自然地震振動の影響を解析できます。振動の発生源や規模に関係なく、わかりやすく効率的で正確な方法で動的解析を実行できます。動的荷重の周波数が媒体の固有周波数よりも高い場合、動的解析によって振動の影響が正確に計算されます。PLAXIS 2D DynamicsはPLAXIS 2Dのアドオンモジュールです。低周波数の振動は、通常、PLAXISの既定で利用可能な疑似性的解析によって計算できます。ただし、より高度な地震解析の場合は、PLAXIS 2D Dynamicsモジュールを選択してください。

機能
  • 境界条件の高度なモデリングを適用

    • 動的解析で特殊な境界条件が必要な場合は、境界条件の高度なモデリングを適用します。粘性境界に加えて、自由およびコンプライアンスベースの境界を選択して、モデル境界に到達した波のスプリアス反射を削減することもできます。
  • シンプルで高度な構成モデルを適用

    • すべての材料モデルには追加パラメータが含まれており、材料や形状による減衰が考慮されています。液状化モデルを使用して、動的励起による過剰な間隙水圧の増加を計算できます。液状化の影響を受けやすい砂以外の地盤では、ひずみ剛性の小さい(汎用の)地盤硬化モデルが最適な選択肢となります。
  • 地震データを使用した動的荷重を実行

    • 地盤構造の動的応答をモデリングする際に、下層土の慣性および荷重の時間依存性が考慮されます。荷重の時間依存性挙動は、調和関数、線形関数、または表関数の乗数によって割り当てることができます。表入力によって、ユーザーは実際の地震信号をインポートし、突堤や基礎の有効な耐震設計を実行できます。動的乗数は、PLAXIS 2D Dynamicsではxおよびy方向、PLAXIS 3D Dynamicsではx、y、およびz方向に独立して割り当てることができます。