iTwinを基盤とするソリューションとアプリケーション

デジタルツインを活用した、データの情報に基づく意思決定とビジネスプロセスを重視

インフラストラクチャの持続可能性とレジリエントを高め、関係者のメリットを向上

ソリューションとアプリケーション

機能

メリット

ソリューションとアプリケーション
ProjectWise、PW365
機能
  • エンジニアリング情報の管理
  • 進行中の設計作業のコラボレーション
  • プロジェクトのパフォーマンスについてリアルタイムでインサイトを獲得
メリット
  • プロジェクトおよび業界標準に確実に準拠
  • 内外の関係者との容易なコラボレーション
  • 設計のレビューと承認を迅速化
  • 重要なドキュメントと情報のコントロールを維持
ソリューションとアプリケーション
SYNCHRO
機能
  • 仮想的な建設管理
  • プロジェクト管理
  • 現場管理
メリット
  • 先を見越して建設の問題を解決
  • ジオリファレンス済みの用地レポートにアクセス
  • コラボレーションと意思決定を迅速化
  • QTOの精度を向上
  • モデルベースのスケジューリング
ソリューションとアプリケーション
PlantSight
機能
  • エンジニアリングのコラボレーション
  • オペレーションインテリジェンス
  • 資産パフォーマンスを視覚的に管理
メリット
  • プロジェクトデリバリの時間を50%短縮
  • 引き渡し/運用開始までの時間を80%短縮
  • 運用とメンテナンスの時間を30%短縮
  • 安全かつ信頼性の高い資産
ソリューションとアプリケーション
OpenUtilities
機能
  • 電力網の可視化
  • モデルの検証
  • 意思決定の解析
メリット
  • 電力網資産を包括的に把握
  • モデルとシミュレーションのデータ整合性
  • データに基づく意思決定
ソリューションとアプリケーション
OpenFlows WaterSight
機能
  • リアルタイムの異常検出
  • 緊急時対応の管理
  • インフォメーションモビリティ
  • 圧力の管理
メリット
  • 察知力が向上し緊急事態を回避
  • テストとシミュレーションによる対策準備
  • コラボレーションと可視性の向上
  • インシデントと苦情の削減
ソリューションとアプリケーション
OpenTower iQ
機能
  • 3Dで通信塔を表示、測定、解析
  • 検査とレポートを自動化
  • 変更を容易に分析・特定
  • シナリオをテスト・比較
メリット
  • 設計や修正をすばやく実行
  • 交渉を改善
  • 時間を短縮し、可視性を向上
ソリューションとアプリケーション
OpenCities Planner
機能
  • すべての都市データを集約した共通の情報源
  • 3Dの現実世界のコンテキストでデータを可視化
メリット
  • データサイロを連携
  • インサイトを向上
  • 計画のフィードバックと承認を加速
ソリューションとアプリケーション
OpenGround
機能
  • 拡張可能な地下コンテキスト
  • 地質工学情報の管理を一元化
  • 多分野にわたるデジタルワークフロー
メリット
  • ビジネス継続性を確保
  • データから意思決定に有用な情報を提供
  • 現場からオフィスに数分でデータを転送
成都市市政工程設計研究院、プロジェクトディレクタ
Zhiyong Yang氏

「インテリジェント交通とデジタルモデルは、デジタル都市の基盤です。デジタルツインによって軽量なモデルが得られるので、BIMアプリケーションの用途をプロジェクトからデジタル資産のデリバリにまで拡げることができます。

構想は大胆に、実証は効率的に、拡張は迅速に。

リアルタイムで状態を把握

ソリューション

リスクの削減、予測可能性の向上、運用コストの削減に役立つプロセスプラントのデジタルツイン

電力網のデジタルツイン

組織のサイロをまたいで電力網モデリングプロセスを統合できます。データのメンテナンスやインサイトの獲得にかかる時間、労力、リソースが節約されます。

都市およびキャンパスのデジタルツイン

オープンなデジタルツインプラットフォームを作成してサイロ化された都市データを統合することで、コラボレーションを促進でき、また、計画、プロジェクト、運用、住民参画に役立つインサイトが得られます。

地下のデジタルツイン

クラウドで地質工学データを統合・管理しましょう。現場から過去および現在のプロジェクト情報にアクセスできます。レポートやスケジュールの操作も場所を問いません。また、データを設計または解析ソフトウェアと統合できます。

5G展開を自動化

デジタルツインを利用して、計画、可視化、検査にリアルタイムのインテリジェンスを取り入れましょう。通信塔の日々の運営に必要な正確でわかりやすい情報にすばやくアクセスすることで、資産パフォーマンスを向上し、コストを削減します。

デジタルツインのワークフローを最適化

iTwinを活用

プロジェクトのデジタルツイン

共同でレビューし、生産性を最大化

2D/3Dのレビューで設計作業をシンプルにします。ProjectWise 365を使用してすべてのレビューや授受を管理することで、サイクルを短縮し、リスクを削減できます。
建設デジタルツイン

現場の建設を仮想的に計画、管理、制御

ロジスティクスおよびプロジェクトのスケジュールのシミュレーション、進捗状況の追跡、ステータスレビューの実施、最新の4Dモデルの参照が可能です。
パフォーマンスのデジタルツイン

鉄道保全の最適化

既存のデータを基に解析および意思決定支援ツールを展開し、コスト削減、インテリジェントなインサイトとレポートの生成、コンプライアンスの維持を実現できます。

インフラにデジタルツインの力を

iTwinを基盤とするインフラストラクチャエンジニアリングソリューションやアプリケーションにご興味がありましたら、Powered by iTwinイベントをフォローしてください。