• OpenRoads Designer

    企画から建設まで

OpenRoads Designer

OpenRoads Designerには、包括的な新しいモデリング環境が導入されており、建設主導のエンジニアリングが可能です。そのため、道路ネットワークのプロジェクトデリバリを短期間に完了できるだけでなく、企画から完成までの設計と建設のプロセスを統合的に扱うことができるようになります。このアプリケーションは、測量や、排水設備、地下設備、道路の設計に必要な詳細な設計機能を完備しています。

さらに読む +
機能
  • 作成されたコンポーネントにアクセスする

    • クラウドサービスの1つであるComponent Centerにアクセスすると、製造されたコンポーネント、組織またはプロジェクト固有のコンテンツと標準のより迅速なアクセスとより一貫した使用が可能になります。 従業員間の知識共有をサポートし、資産ライフサイクル全体でコンポーネント情報の永続化を可能にしながら、複数の専門分野のプロジェクトチームの特定のアプリケーションおよび業界のパラメトリックコンポーネントを使用します。
  • 図面制作の自動化

    • ドキュメンテーションセンターを活用して、プロジェクト全体で一貫性のある複数の専門分野のドキュメントセットを含む高品質の図面を自動生成します。 プロジェクトのライブビューをシート方向で取得します。 デザインが変わると、シートも変わります。 シート内で直接編集を行うと、OpenRoads Designerによってソースジオメトリが更新されます。
  • 水平および垂直位置揃えの作成

    • オブジェクト指向の座標ジオメトリおよびアライメント設計機能を使用して、精密な水平および垂直アライメントを素早く作成しながらインテリジェントな更新を実現します。 高度プロファイルを使用して、サーフェス情報と水平方向のアライメントに関連する垂直方向のアライメントを表示します。
  • 形状および断面の作成

    • 設計内の任意の点から形状および断面を作成します。設計を変更したら、動的横断面機能を使用して、その場で更新内容を確認できます。設計の編集を反映して地表が変化するのを確認できます。地表面のフィーチャ、道路コンポーネント、制限や配置などの表記を含めます。
  • 通路の設計と解析

    • 没入型の通路モデリングツールを使用することにより、BIMレベル2以降で必要とされる複雑なモデリングとファイル連合の要求をサポートします。あらかじめ設定した間隔で通路を素早く移動しながら、すべての道路コンポーネントを表示し、協調して動的な設計を進めることができます。
  • 地理空間におけるプロジェクトの位置を特定

    • サポートされる数百種の座標系の地理空間情報を変換し、設計に統合することができます。OGC Web Map Serverデータへのアクセス、GPSデータのリアルタイム使用、地理空間PDFの作成や参照が可能です。
  • Design in context

    • Clearly understand existing conditions and accelerate design modeling workflows with the ability to easily integrate traditional survey, imagery, point clouds, and 3D reality meshes into design and construction models. Integrate geospatial information to ensure that models are precisely geospatially located.
  • 地形のモデリングと解析

    • 地形データだけでなく道路や用地の特徴を含むインテリジェントなモデルを作成することができます。フィーチャを使用することで、設計に含まれる構造、外観、記号を視覚的に識別できます。
  • 包括的な雨水および衛生下水道ネットワークのモデル化、解析、および設計

    • 道路の設計と完全に統合された雨水および下水道ネットワークを作成、操作、設計、解析します。また、平面図や縦断面図でネットワークを操作し、排水モデルだけでなく、他の公共設備も表示することができます。
  • 土工モデル

    • カットアンドフィル解析を正確に計算、視覚化、および要約するためのデジタルツインとして利用できる3Dカットアンドフィルアースワークモデルを作成します。 OpenRoads Designerの独自のモデリング機能は、土工作業と数量のワークフローを強化し、生産性とコスト削減を最大化します。
  • BIMワークフローをサポートする

    • IFCを含むデジタル成果物をエクスポートして、業界のBIMワークフローをサポートします。 Asset Managerを使用して、より効率的でデータが豊富なBIM成果物のコンポーネント属性を含めます。 デジタルツインオーサリング環境でBIMワークフローを進めながら、すべての従来およびデジタルデザインの成果物の作成をサポートします。
  • 設計時解析の実施

    • 設計時解析によってプロジェクト全体のパフォーマンスを把握できます。排水、安全性、選別、用地の可視化、ハイドロプレーニングなど、さまざまな解析を実施することで、最適な設計結果を得ることができます。
  • 一般的な設計レイアウトの再利用

    • 土木セルを使用して、標準を確実に実装し、設計品質を高め、一般的な設定を繰り返して設計する必要性を排除します。設計可能なものは土木セルで処理できます。土木セルの複雑度には上限も下限もありません。
  • 設計の視覚化

    • 制約駆動型のテンプレート、コンテキスト依存の直感的に操作可能な動的3Dモデリングを使用することにより、設計をリアルタイムに実現できます。モデリングワークフロー内で設計をいつでもオンデマンドで視覚化可能です。これには変換、ソフトウェア、特別なワークフロープロセスなどは不要です。
OpenRoads Designer e-book
Download our interactive e-book and gain access to more than 20 in-depth videos.
さらに読む
The Benefits of Using OpenRoads in Multiple Project Phases
In this Tech Talk, colleagues from Rodriguez Transportation Group discuss the benefits gained by their use of OpenRoads throughout project phases.
WATCH VIDEO
ベストを尽くしましょう
OpenRoads、OpenBridge、およびOpenRailを使ってシビルインフラストラクチャを設計する。
続きを読む
注目ポイント