• OpenRail Designer

    Rail Track and Electrification Design and Analysis Software

OpenRail Designer

OpenRail Designer introduces a new, comprehensive modeling environment for streamlined project delivery of rail network assets. This environment unifies design and construction from concept through commissioning and completion. The application delivers a high performance, immersive, 3D modeling environment that enables instantaneous and interactive parametric modeling of rail corridors. 
さらに読む +
Capabilities
  • 線路と枕木の配置の解析

    • 線路配置機能により、軌間拡大表およびカントのデータを基に、線路の正確な組み合わせと締結を計算できます。路線線形と分岐の位置を基に、シンプルで長い枕木を作成することもできます。
  • 線路の回帰解析

    • 回帰解析を使用して、線路の調査データをフルアライメントに変換します。移行タイプおよびカントを含むさまざまな調査データタイプの中から、最もフィットする線路の形状アライメントを決定します。この形状を使用して、設計の変更を生成することができます。
  • 鉄道生産の自動化



    • 362/5000
      ドキュメントセンターを活用して、プロジェクト全体で一貫性のある複数の専門分野のドキュメントセットを含む、高品質の図面を自動生成します。 プロジェクトのライブビューをシート方向で取得します。 デザインが変わると、シートも変わります。 シート内で直接編集を行い、OpenRail Designerはソースジオメトリを更新します。
  • 形状および断面の作成

    • 設計内の任意の点から形状および断面を作成します。設計を変更したら、動的横断面機能を使用して、その場で更新内容を確認できます。設計の編集を反映して地表が変化するのを確認できます。地表面のフィーチャ、道路コンポーネント、制限や配置などの表記を含めます。
  • 鉄道と道路の回廊の設計と分析

    • BIMレベル2以降で必要とされる複雑なモデリングとファイルフェデレーションの要求をサポートする没入型回廊モデリング機能を使用します。 単一のパラメトリックなプレゼンテーションで、鉄道のあらゆる面の複雑な開発を合理化します。 制御された間隔で廊下をすばやく移動し、すべての鉄道コンポーネントを表示して動的に設計することができます。
  • 鉄道信号の設計と配置

    • 線路モデルの中に信号を設定し、配置します。フード、表示部、支柱などのアイテムから、インタラクティブに信号を構築します。次に、線形参照を使用して線路を基準に信号を配置し、方向を決定します。必要に応じて、同じ信号スキームの地理的ビューと概略ビューを作成できます。
  • コンテキストを踏まえた設計

    • 画像、ポイントクラウド、3Dリアリティメッシュを設計モデルや建設モデルに簡単に統合できるため、既存の条件を明確に理解し、設計モデリングワークフローを迅速化できます。 地理空間情報を統合して、モデルが地理空間的に正確に配置されるようにします。
  • 線路排水システムの設計

    • 鉄道の可用性を確保するためには、レール設計に必ず適切な排水を含めることが欠かせません。鉄道ネットワークが暴風雨や洪水の被害を受けることを効果的な設計によって避けることで、メンテナンスコストを削減し、ネットワークの可用性を高めることができます。
  • 線路形状の設計

    • 調査、設計ルール、運用要件を組み合わせて、線路の最適な形状を生成します。エンジニアリングワークフローを使用して、地域の設計ルールに準拠した水平および垂直アライメントと傾斜の設計を生成します。
  • ヤード、駅、サイディングのデザイン

    • 使いやすいジオメトリ機能と包括的なライブラリを使用すると、ヤード、ステーション、サイディングのデザインを作成できます。 ルールベースのトラック要素により、設計変更に対する容易な適合が保証されます。
  • 設計レール架線システム

    • 基礎となるトラックのローカル標準とジオメトリを使用して、スパン計算を行い、基礎の位置を特定し、ワイヤランの高さと桁違いの値を計算します。 パラメトリックな設計機能により、カンチレバーセット、マスト、およびポータルのモデリングが可能になります。 OLEシステムの回路図と3Dモデルを作成します。
  • 一般的な設計レイアウトの再利用

    • 土木セルを使用して、標準を確実に実装し、設計品質を高め、一般的な設定を繰り返して設計する必要性を排除します。設計可能なものは土木セルで処理できます。土木セルの複雑度には上限も下限もありません。
  • BIMワークフローをサポートする

    • IFCを含むデジタル成果物をエクスポートして、業界のBIMワークフローをサポートします。 Asset Managerを使用して、より効率的でデータが豊富なBIM成果物のコンポーネント属性を含めます。 デジタルツインオーサリング環境でBIMワークフローを進めながら、すべての従来およびデジタルデザインの成果物の作成をサポートします。
  • 設計の視覚化

    • 制約駆動型のテンプレート、コンテキスト依存の直感的に操作可能な動的3Dモデリングを使用することにより、設計をリアルタイムに実現できます。モデリングワークフロー内で設計をいつでもオンデマンドで視覚化可能です。これには変換、ソフトウェア、特別なワークフロープロセスなどは不要です。
Year in Infrastructure 2019 Winner - Rail and Transit Category

This Napoli-Bari route in Italy will shorten travel time by several hours. Learn how Italferr S.p.A utilized Bentley applications to improve overall design quality and accuracy at a lower cost!

READ MORE
On-demand webinar- What's New in OpenRail Q1 2019?
Join our on-demand webinar with OpenRail expert Kivanc Karakas to learn about the latest features of OpenRail.
Watch Now