• ConeZONE

    より安全な作業帯を時間ではなく分単位で設計

ConeZONE

ConeZONEを使用することで、作業員とドライバーの安全を確保し、交通渋滞を最小限にとどめ、作業帯でのプロジェクトの遅滞を回避することを目的とした交通管制計画を、連邦および州の基準に従ってより迅速に策定できます。車線閉鎖、設備工事、イベント計画、迂回や、多くの段階とフェーズに分けて実施される主要高速道路プロジェクトなど、あらゆる規模のプロジェクトの交通管制計画作成を簡素化できます。

組み込みの標準レイアウトを使用する場合でも、新規に開始する場合でも、ソフトウェアに搭載されている作業帯基準に従って正確な交通管制計画を迅速に作成できます。統一交通管制装置便覧(MUTCD)第6章全体が組み込まれており、参考用としてだけでなく、作業帯を自動設計する電子的基準としてもすぐに利用できます。道路計画図、ベースマップ、または航空写真を読み込んで、作業帯の種類を選択すれば、後は指定した速度制限に従って必要な装置が自動的かつ正確に表示されるのを見守るだけです。

さらに読む +
機能
  • 標準デバイスの標識とツールにアクセスする

    • ソフトウェア内の標準ワークゾーンサインとデバイスのライブラリにアクセスします。 ユーザーは、計画で使用する独自のデバイスと標識を追加できます。 ConeZONEデバイスは、単なるグラフィックシンボルではなく、ベクターCADファイルです。 レポートには、実際の標識コード、エリア、コスト、および追跡に必要なその他の情報が表示されます。
  • サインテンプレートにアクセスする

    • デバイス、レイアウト、またはプロジェクト全体のライブラリを構築する機能により、作業をスピードアップします。 1つの交通管制計画のテンプレートが、同様の作業ゾーンに適用されますが、道路ジオメトリが異なる場合、交通制御の詳細は新しい道路ジオメトリに関連して計算されます。
  • レイアウトを自動化する

    • デバイスが挿入または削除されるか、テーパーが変更されると、レイアウト全体が自動的に延長または短縮されます。 レイアウトは手動で線形に沿って移動できるため、自動化されていても、ユーザーは交通制御計画の設計を完全に制御できます。
  • 州および連邦の交通規制基準に準拠

    • 一時的な交通制御レイアウトの連邦標準および承認済みデバイスの仕様がソフトウェアに組み込まれています。 管轄区域のMUTCDのパートVIに含まれるすべてのデバイスとすべてのレイアウトに組み込みの標準を実装します。
  • 数量テイクオフの生成

    • 推奨数量、面積、コスト、およびその他の仕様とともに必要なデバイスをリストした図面と表シートを提供します
SignCAD
Design accurate transportation signage in minutes.

Learn More
SignTRACK
Automate Traffic Sign Inventory, Maintenance, and Manufacturing
Learn More