• OpenBridge Modeler

    最初から最後まで高品質な橋梁

FINLEY Engineering Group, Inc. | パルメットセクション5 | フロリダ州、マイアミ

橋梁の3Dモデリングソフトウェア

インテリジェントな橋梁の3Dモデルの開発を、輸送プロジェクト全体との関連の中で行います。

OpenBridge Modelerの使用は、繰り返しの多い、コンピュータによる設計を迅速に行う際に適しています。Bentleyの土木設計アプリケーションを直接活用して、地形、道路、アクセスランプ、および関連インフラに対して設計を較正します。写真のようにリアルなレンダリングによって設計に命を吹き込み、ビジュアル作成を強化します。輸送や建設のシミュレーションを行い、コストのかかる建設作業の遅延を最低限に抑えます。干渉の問題が発生しないようにするために、建設が始まる前にクラッシュ検出ツールを使用してコストを管理します。

さらに読む +
機能
  • 道路の形状と地形の把握

    • GEOPAK、Bentley InRoads、MXROADなどのBentley道路製品から直接取得した土木データを再利用し、道路情報および地面データをLandXMLファイルからインポートします。
  • 多分野橋梁チームとの調整

    • 橋梁形状、材料、負荷、プレストレッシング綱パターン、せん断鉄筋などのプロジェクト情報をやり取りして、意思決定を改善できます。リアルタイムコラボレーションによりエンジニアリングコンテンツ管理を合理化し、橋梁ライフサイクルの全期間を通じてデータの共有、再使用、および再利用を行うことで、設計ミスと建設の問題のリスクを最小限に抑えることが可能です。
  • 橋梁の設計とモデリング

    • 画期的なビジュアルプロセスにより、エンジニアリング上の判断を下すために必要な複数分野の情報を迅速に生成することで、橋梁設計を効率化します。データの相互運用性によって、橋梁の設計案が既存のプロジェクト要素にどのような影響を与えるのか視覚的に判断できます。
  • 橋梁プロジェクトの成果物の生成

    • 詳細レポートが生成されます。断面、立体図、フレーム図面の3Dモデルと2D図面を作成します。
  • 橋梁解析アプリケーションとの相互運用

    • 確実な解析と設計基準検証を実行し、LEAP BridgeおよびRM Bridgeに接続して橋梁設計が業界標準に準拠していることを確認できます。
  • 詳細設計アプリケーションとの相互運用

    • ProStructuresに接続することによって、バーマーク、スケジュール、数量、図面を含む詳細な鉄筋設計を作成します。
  • 橋梁プロジェクトにおける変更の管理

    • インテリジェントな橋梁モデルの更新や、橋梁コンポーネント間のパラメトリックな関係の活用により、プロジェクトの変更に簡単に対応できます。
  • 橋梁のクラッシュ検出の実行

    • 時間の節約、建設ミスの排除、プロジェクトコストの削減を目的として、橋梁構造物の既存インフラとのコンフリクト解析を実施することによりリスクを軽減できます。3Dまたは表形式で衝突を確認できます。鉄筋や他の定着部との衝突を検出できます。隣接する構造物や道路との間に必要とされる最小隙間を確認できます。
  • i-modelの発行

    • i-modelを使用してプロジェクトモデルおよび情報を交換できます。i-modelによって、情報共有、情報配布、設計レビューのための効果的な独自ワークフローを導入できます。ProjectWiseのようなi-modelのパワーを活かす製品やサービスを利用することで、これらのワークフローはさらに強化されます。
Tell Me More!

Interested in finding out more about this product?

Learn More
Tech Talk: Bridge Enterprise – Beginning to End with Bentley

Oct. 26, 2017
2 p.m. EDT

Learn how Bridge Enterprise combines the capabilities of OpenBridge Modeler and LEAP to contribute to the efficiency of bridge analysis and design by using the same physical model for the lifecycle of a structure. 

Register Now
A game changer for Bridge Engineering, by: Pennoni
See how Pennoni has embraced advancements in Bridge Information Modeling, utilizing Bentley's bridge applications.
Watch Now