• Orbit

    3Dマッピングデータを管理、抽出、共有

Topcon

3Dおよびモバイルマッピングソフトウェア

ストリートレベルのモバイル、オブリーク、UAS、航空、地上、および屋内のマッピングから取得したデータを使用して、地上または地下の3D都市モデルに簡単にアクセスし、更新できます。さらに、スキャン済みのデータ、画像、3Dベクトル、メッシュ、2D GISまたはCADデータにアクセスして更新することもできます。BentleyのOrbitソリューションは、リアリティモデリングやデジタルツインに使用する膨大な量の画像、ポイントクラウド、3Dマッピングデータを管理、抽出、共有するのに役立ちます。 

Orbitはハードウェアに依存しないため、あらゆるシステムからあらゆるサイズのストリートレベル、空中、屋内、および静的な収集データをリアルタイムで融合でき、フル3D 360°のビューで世界を表現します。現代のプロジェクトは、ますます正確で汎用性が高く使いやすい組み込みのデジタルツインを必要としています。Orbitソリューションによって4D測量が容易になるため、エンジニア、地理空間のプロフェッショナル、およびインフラストラクチャのオーナーオペレータはこのニーズに対応することができます。

製品
  • Orbit 3DM Content Manager
    データ取得の専門家は、リアリティキャプチャ後そして製作および主要関係者との共有の前に、Orbit 3DM Content Managerを利用して、多様なソースからの大量の画像、ポイントクラウド、および3Dマッピングデータを簡単に最適化、管理できます。
  • Orbit 3DM Feature Extraction
    Orbit 3DM Feature Extractionを使用すると、各車両のセットアップに合わせて調整されたテンプレートにより、マッピングデータのインポートが簡単になり、より短時間でビューやフィーチャをエクスポートしたり正確なレポートを作成したりできます。
  • Orbit 3DM Publisher
    Orbit 3DM Publisherを使用すると、モバイル、オブリーク、屋内、UAS、または地上のマッピングデータの平面/パノラマ画像、メッシュ、ポイントクラウドを量的な制限なく公開できます。
  • Orbit 3DM Cloud
    Orbit 3DM Cloudは、モバイル、オブリーク、屋内、UAS、または地上のマッピングデータの平面/パノラマ画像、メッシュ、ポイントクラウドを量的な制限なく公開できるクラウドベースのサービスです。
  • Orbit 3DM SDKとプラグイン
    SDKを利用すれば、オンラインで共有化された3Dマッピングデータにあらゆるベンダーやシステムからサイズや範囲を問わず接続でき、既存ワークフローへの直接統合が実現されます。また、プラグインにより、Esri、Autodesk、QGISのソフトウェアと完全に統合されます。