Going digital roads road image

道路におけるデジタル化


企画から運営に至るまでデジタルツインを活用


BIM、3Dモデリング、デジタルツインの重要性と、
デジタルツインが道路・橋梁プロジェクトのあらゆる側面(設計から建設、運用まで)にもたらすメリットについて、
業界のエキスパートのディスカッションをご覧ください。

デジタルツインで「実現」のペースを加速

デジタルツインは、道路の設計、建設、および運営の方法を一新します。竣工時の状態を常に最新の状態に更新できる、多分野型の設計・建設チームが一丸となって作業し、運用をサポートするデータを提供できる、あるいは、センサーの測定値などのデータから運用状態をタイムリーに把握して保守や設備改良に利用できるとしたら、資産管理がどれほど効率化するか、想像してみてください。


漏斗

道路・橋梁向けの多分野型ワークフローにより効率化を推進 

統合

サプライチェーンの強化により、プロジェクト目標と運用目標の達成を支援 

パフォーマンス

情報に基づいたよりタイムリーな意思決定により、資産パフォーマンスを改善

注目のユーザー事例

マレーシア政府

マレーシア政府

マレーシア政府は、デジタルツインによって信頼性の高い情報を提供し、プロジェクトと資産の管理を改善しています。

Aecom

AECOM

AECOMでは多分野型設計チームによってフロリダ州の高速道路ジャンクションプロジェクトを設計し、交通の運営と安全を改善しています。

Illinos

イリノイ州運輸省

イリノイ州運輸省は、積載物が巨大な車両が州の高速道路を移動する際の安全性を高め、橋梁の評価と車両通行許可にかかる時間と費用を節約しました。

Foth

Foth

Fothが手掛けたアイオワ州シーダーフォールズの革新的な道路インフラ設計は、安全性とアクセス性を向上し、コミュニティの活性化に貢献しています。

Foth

Italferr

Italferrは新しい橋梁プロジェクトでデジタルツインを活用し、設計コストの削減、設計上の意思決定の迅速化、精度の向上、コミュニケーションの改善を実現しました。

Foth

JMC2

デジタルツインとJMC2の創意ある設計によって、トーランス市の歴史的な通りは交通アクセスが改善され、ADA基準に準拠した道路に生まれ変わりました。