鉄道におけるデジタル化


計画から遂行に至るまでデジタルツインを活用

デジタルツインで「実現」のペースを加速

デジタルツインは、鉄道・輸送インフラの設計、建設、および運用のあり方を一新します。デジタルレコードが常に実際の状態と同期していたら、線路のメンテナンスはどれほど効率的になるか、想像してみてください。多分野型設計チームがデータをシームレスにやり取りし、建設準備の整ったデータを現場の作業員に引き渡すことができたらどうでしょう。資産に設置されたネットワーク全体のセンサーからリアルタイムの運用状況が伝送され、メンテナンス作業に役立てることができるとしたらどうでしょう。


ファネル

信頼できる情報にアクセスして知見を提供し、設計、建設、運用をサポートします。

パフォーマンス

情報に基づいたよりタイムリーな意思決定により、資産パフォーマンスを改善します。

統合

サプライチェーンを強化してプロジェクト目標と運用目標を達成し、さらにそれを上回る成果を目指します。

image image image
脳

鉄道・輸送機関運営のデジタル化

デジタル評価を実施して、何をすべきかを把握し、「実現」のペースを加速するために組織として実行できるソリューションとベストプラクティスを確認しましょう。