ヘルシンキ市

Bentleyによるデジタル化

ヘルシンキ市ではBentleyアプリケーションによりHelsinki 3D+モデルをサポートしています。レーザースキャニングとオブリーク画像を使用してサーフェスと地形のモデルを作成し、市全体の3Dリアリティメッシュモデルを実現しています。

結果

  • Helsinki 3D+はヘルシンキ市のデジタルツインの基盤であり、市全体のリアリティメッシュモデルとセマンティックモデルを含む。プロジェクト事例を読む
  • ContextCaptureを使用して、リアリティメッシュモデルの更新内容を継続的にキャプチャし、処理
  • ヘルシンキ市のオープンデータ政策の下、Helsinki 3D+は太陽光発電の使用状況の解析、洪水リスク評価の実施、騒音計算の実行のほか、サードパーティの開発事業者や学術機関にデータのアクセスと使用を許可し新事業の開発を促進するなど、さまざまなユースケースをサポート
  • Helsinki 3D+とOpenCities Plannerにより、カラサタマ地区のデジタルツインの基盤を提供 – 計画業務およびヘルシンキ市、住民、その他のサードパーティの組織間の連携を改善この事例を見る
Safuani Abdul Hamid氏

「そのデータを基に、知識に基づくディスカッションを行い意思決定をすることで、住民のより良い生活の実現に貢献しています」

Jarmo Suomisto氏(建築家)

ヘルシンキ市行政局(City Executive Office)
Helsinki 3D+プロジェクトマネージャー

使用製品

Stub_City_gradient

ContextCapture

リアリティモデリングソフトウェア

LumenRT

モデリングとビジュアル作成ソフトウェア

Stub_City_gradient

OpenCities Map

GISおよび地図ソフトウェア

OpenCities Planner

リアリティモデリングソフトウェア

デジタルツインで信頼性の高い情報を - 都市システム


矢印

Bentleyの都市システムソリューションの詳細はこちら

image image image