対話型ダッシュボードでパフォーマンスを可視化

対話型ダッシュボードでは運用の状態が視覚化され、一目でコンテキストを踏まえて明確に状態を把握できるので、自信を持ってパフォーマンス、安全性、セキュリティ、コンプライアンスに関してより賢明な意思決定を行うことができます。大量のデータや情報が複数のシステムに保持されており、それらのデータや情報にアクセスできる、使いやすく、理解しやすい手段を用意することが重要です。Operational Analyticsのダッシュボードでは情報がグラフや図などを使用して表現され、いつでもオペレーションの最新の状態を把握できます。主要パフォーマンス指標、レポート、デジタルツイン、リアルタイムのデータなどを一目で確認できるビューをさらに見やすくする、さまざまなダッシュボード機能によってデータは意味のある情報へと変わります

さまざまな視覚化機能とデータ管理機能を網羅したライブラリを基盤とするAssetWiseでは、リアルタイムの情報と履歴情報を構成、解析、操作して、パフォーマンスや生産性の状態をすぐに把握でき、データを基に必要な意思決定を行うことができます。

AssetWiseの柔軟性の高いダッシュボードでは、次のことが可能です。

  • ニーズに最適なスタイルの視覚化ダッシュボードを選択
  • ダッシュボード内でエンジニアリングモデルを集約、表示、操作
  • 計算、主要パフォーマンス指標、地理空間マップを挿入
  • ネガティブトレンドを速やかに発見し、対応
  • ダッシュボードを定期レポートに変換
  • 地理空間マップ内でドリルダウンし、詳細を表示
  • PowerBIレポートを埋め込み

 
Operational Analyticsに戻る

Ask an Expert

Got a question about AssetWise?

Learn More