意思決定をサポートするための運用、IT、エンジニアリングデータの集約

運用データは、資産や運用のパフォーマンスの状態を示す有用な情報源の1つですが、エンジニアリングのコンテキストは加味されておらず、ITシステムからも切り離されている可能性があります。エンジニアリングモデルなら、物理資産の状態と、資産の設計、建設、現在のオペレーションに使用されているエンジニアリング情報を併せて、デジタルで把握できます。資産の状態とエンジニアリングベースを統合して全体像を確認できるため、より優れた意思決定やコスト削減につながる気付きやコンテキストが得られます。

AssetWiseなら、次のことが可能です。

  • 完全にインタラクティブなエンジニアリングモデルのダッシュボードへの直接の取り込み
  • 物理資産とデジタル資産の整合性の確保
  • 現場にいるような臨場感のある環境でのデジタル資産の表示、操作
  • デジタルモデル内での物理センサーデータの直接表示
  • 物理資産についての潜在情報をよりきめ細かく把握し、パフォーマンスや保守の問題を発生前に予測

Operational Analyticsに戻る
Ask an Expert

Got a question about AssetWise?

Learn More