データサイエンスと機械学習により、
高度な予測解析を実行

センサー技術は低コストで柔軟に応用できることから、ますます大量のデータが生み出されています。インダストリアルIoTによってデータを利用しやすくなりました。このように次々と発生し、利用可能になったデータを読み解いて、今後の展開を示唆する潜在情報を引き出すには、テクノロジーとコンピューティングの力が必要です。
Microsoft Azureが提供する機械学習と高度な解析、Bentleyインスティチュートが提供するイノベーションによって、AssetWiseにすでに備わる解析機能が拡張され、以前は把握できなかったパターンをデータから見つけられます。

機械学習を応用すると解析の有用性や速度、効率が向上し、現在の解析機能を拡張できます。機械学習では、アルゴリズム技法とデータモデリング手法を使用することで、明示的にプログラミングをしなくても、データからパターンとトレンドを発見できるため、設備の故障や保守戦略などについて、先を見越して対策を講じることができます。

機械学習は、さまざまな手法を使用してモデルを構築し、予想される将来のパフォーマンスに基づく信頼性の高い予測を行います。それを踏まえて設備投資や運営費のコストを大幅に削減できます。また、事業継続性を考えた保全目的でのシステム停止や保守期間を計画することもできます。機械学習は柔軟性が高いため、さまざまな資産に応用して、ビジネスを合理化できます。

 

さらに読む +
Ask an Expert

Got a question about AssetWise?

Learn More
AssetWise CONNECT Edition Brochure

Drive your digital journey to operational excellence with AssetWise.

Learn More