東洋エンジニアリング、自社最大のエチレンプラントをデリバリ

基本データ

  • 東洋エンジニアリングは統合エンジニアリングおよび解析プロセスを導入して、マレーシアにおける同社最大のエチレンプラントプロジェクトをデリバリ
  • Bentleyソフトウェア間のシームレスな統合により、RCC構造物のエンジニアリングおよび設計が最適化され、プロセスの標準化と均質な成果物を実現
  • Bentleyの技術を使用して高度なBentley設計コードを適用し、新しい欧州の標準コードとマレーシアの設計規制に準拠

ROI

  • Bentleyの技術を活用し、18か月以内にプロジェクトを完成
  • 複雑な設計チェックを繰り返し行い、図面を同期させることで、エンジニアリング時間を30%
    短縮
  • 統合ワークフローによって設計のオプショニアリングや現場での並列作業が可能になり、建設時間が10%短縮
プロジェクト概要
組織名または会社名
東洋エンジニアリング
ソリューション
製造
場所
マレーシア
プロジェクトの目的
● 大型スチームクラッカーコンプレックスをデリバリ
● 18か月以内に概念設計と詳細設計を完成
● 欧州規約およびマレーシア向け付属書に準じてコンクリートプラント構造物を設計
使用製品
STAAD.Pro®, STAAD® Advanced Concrete Design

STAADによりワークフローがどのように合理化されたか、この事例をダウンロードして詳細をご覧ください。
事例をダウンロードする