リアリティ・モデリングは、現実のデジタル・コンテキストを追加します。

デジタル化とは、あらゆるプロジェクトや資産の利害関係者がBentleyの相互運用性とオープンなテクノロジ環境の哲学を継承した接続されたデータ環境で作業する、より効率的な作業方法を指します。

リアリティモデリングは、UAV、ハンドヘルドカメラ、レーザースキャナ、携帯電話などのデバイスの1つまたは組み合わせを使用して、3Dで資産の既存の状態をキャプチャすることによって、実世界のデジタルコンテキストを作成するプロセスです。 Bentleyの現実モデリングソフトウェアであるContextCaptureは、マルチ解像度入力を使用して、忠実度が高くスケーラブルなジオリファレンス3Dエンジニアリング対応現実メッシュ、オルソフォト、デジタルサーフェスモデル、ポイントクラウドを生成します。

接続されたデータ環境内の3Dモデルを簡単に共有して、幅広いアプリケーションにストリームして、デジタル・コンテキストを提供し、資産ライフサイクルのあらゆる段階で意思決定プロセスを加速します。



  • デザインワークフロー
     設計を加速し、構築性のリスクを管理する


  • 建設ワークフロー 
    変更のためのサイトを監視し、設計を検証する


  • 検査ワークフロー
    高品質の文書を作成し、安全リスクを低減するために継続的に調査


  • 操作ワークフロー 
    既存の条件を記録し、資産をリアルタイムで管理する

 

Items with an asterisk (*) are required

*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
あなたのプライバシー