2019年10月22日

Bentley Systems、資産およびネットワークのパフォーマンスを最適化するAssetWise Digital Twin ServicesとOpenUtilities Digital Twin Servicesを発表

新しい没入型資産サービスにより、4Dの視覚化と解析の可視化を通じて
「エバーグリーン」デジタルツインを実現

シンガポール – The Year in Infrastructure 2019カンファレンス – 2019年10月22日 – インフラの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアとデジタルツインクラウドサービスを提供する世界的リーダー企業Bentley Systems, Incorporatedは本日、資産およびネットワークのパフォーマンスを最適化する新しいデジタルツインサービスを発表しました。AssetWise Digital Twin Servicesは、デジタルコンテキスト、デジタルコンポーネント、およびデジタルクロノロジーを統合。没入型の視覚化と高度な解析を提供し、意思決定サポートの強化とインフラ資産のパフォーマンス向上を促進します。OpenUtilities Digital Twin Servicesは、デジタルツインを使用して、発電所、変電所、ネットワークなどの資産の効果的な管理に必要なGIS、リアリティモデリング、パフォーマンス、シミュレーション、その他のエンタープライズデータを統合、検証、調整します。 

資産・ネットワークパーフォーマンス担当上級副社長のAlan Kiralyは、次のように述べています。「インフラ資産とそれらを接続するネットワークのパフォーマンスや信頼性に影響を与える情報を確実に把握し、それに基づいて行動するために、デジタルツインは、精度の高い有効な物理データとエンジニアリングデータを経時的かつ効果的に4Dで提供する必要があります。クラウドとWebサービスを利用でき、没入型の視覚化と解析の可視化を促すオープンソースプラットフォームを基盤とするAssetWise Digital Twin Servicesによって、すべてのAssetWiseユーザーおよび新規ユーザーがデジタル化のメリットをさらに拡大できます」

AssetWise Digital Twin Services

iTwin Immersive Asset Service 
iTwin Immersive Asset Serviceは、リッチでインタラクティブな4Dデジタルツインコンテキストで没入型の視覚化と解析の可視化を行い、インフラ資産のパフォーマンスを維持、改善するための意思決定をサポートします。オーナーオペレーターは、クラウドおよびWebサービスを介して、より多くの人々が利用でき理解できるインフラのエンジニアリング情報を提供することができます。

AssetWise 4D Analytics 
AssetWise 4D Analyticsは、高度な解析と機械学習を使用して、現在の状況と傾向に関する情報を提供し、今後のパフォーマンスを予測します。データソースには、検査、作業履歴のほか、IoTデバイスなどから取得した非常に大きなデータセットなど、AssetWiseで利用可能な情報をすべて含めることができます。結果は、多彩なグラフ作成機能とダッシュボード機能を使用して、デジタルツインのコンテキストで把握できます。

AssetWise Linear Analytics 
従来、線形資産は複雑なため、この種のネットワークに関連する膨大な量のデータを視覚化し、理解することは困難でした。AssetWise Linear Analyticsは、多くの対象ソースからデータを取得し、それを線形ネットワーク上の場所と時間に合わせて精密に調整します。調整が完了すると、ユーザーは線形ネットワーク対応データ処理ルールのライブラリを使用して、鉄道または道路ネットワーク内の傾向と異常を特定できます。AssetWise Linear Analyticsには、ユーザーがネットワーク上の任意の場所にあるすべてのデータに即座にアクセスできる視覚化ダッシュボードが備わっています。 


OpenUtilities Digital Twin Services(ET、IT、OT) 
エネルギー公益事業は、老朽化が進むインフラのモダナイゼーションの問題に加え、グリッドエッジでの分散型エネルギー源の新たな課題に直面しています。OpenUtilities Digital Twin Servicesは、ET(エンジニアリングテクノロジー)、IT、およびOT情報を統合、検証、調整します。これには、ネットワークGIS、リアリティモデリング、パフォーマンス、シミュレーションのほか、部門やワークフローを横断したその他のエンタープライズデータが含まれます。OpenUtilities Digital Twin Servicesを利用すれば、組織はデータ品質問題を特定してマップ上で視覚化し、スマートルールと機械学習を使用して問題を解決できます。また、事前定義されユーザーによる拡張が可能なダッシュボードと解析により、OpenUtilitiesデジタルツインの情報が視覚的に提供されます。 

資産およびネットワークのパフォーマンスのためのデジタル共同ベンチャー

(Siemens社との共同ベンチャー) 発電所向けAPMは、資産パフォーマンス管理のためのさまざまな革新的製品およびマネージドサービスソリューションにより、発電所のデジタル化を加速し、インテリジェントな解析を実現します。 

(Siemens社との共同ベンチャー)既存の送配電設備向けデジタルサービスは、OpenUtilities Digital Twin Servicesを活用して、既存の変電所の災害耐性を強化。変電所モデル、リアリティコンテキスト、資産データをリンクして重要情報へのアクセスを提供することで、ダウンタイムを削減し、問題の特定と解決を効率化します。特に、変電所が離れた場所にある場合に効果的です。 

(Siemens社との共同ベンチャー)OpenUtilities DER計画および設計評価ソリューション
BentleyのOpenUtilities Analysis、OpenUtilities DER Optioneering、およびOpenUtilities Design Optioneeringには、継続的に更新されるシームレスな環境をモデリングおよびシミュレーション用に提供する電力システム解析ソリューションであるSiemens PSS®SINCALが組み込まれています。これらのソリューションにより、オーナーオペレーターは、安全性と信頼性を損なうことなく、分散型エネルギー用グリッドをより効率的にモデル化できます。

##


Bentleyの資産・ネットワークパフォーマンス製品について
Bentley Systemsは、資産およびネットワークのパフォーマンスの4Dインフラエンジニアリングデジタルツインを通じてBIMとGISを発展させるべく取り組んでいます。AssetWiseソフトウエアおよびクラウドサービスは、交通、上下水道、およびエネルギー・通信におけるインフラ資産の運用・保守ライフサイクルと関連ネットワークを全体にわたり、資産パフォーマンスモデリングの地理座標情報を管理します(OpenUtilities)。エンタープライズソリューションは、AssetWise ALIM、AssetWise Asset Reliability、AssetWise Enterprise Interoperability、SUPERLOADを組み合わせることができます。すべてのインフラオーナーは、これまで適切に利用されていなかった資産パフォーマンスデジタルツインのエンジニアリングデータを、BentleyのiTwin Services(Immersive Asset、Linear Analytics、4D Analytics、およびOpenUtilities Digital Twinクラウドサービスを含む)により段階的に有効化し、最終的に最大限に活用できます。

Bentley Systemsは、2019年にARC Advisory Groupが実施した資産信頼性市場調査において、APM市場全体のリーダーに選ばれたのに加え、交通、石油・ガス、送配電の各部門で最優秀ベンダーに選出されました。また、同年のARCの市場調査『Engineering Design Tools for Plants, Infrastructure, and BIM』では、送配電および通信部門で最優秀ベンダーに選ばれています。『Bentley Infrastructure 500 Top Owners』の上位50社中24社は、AssetWiseを使用しています。 

Bentleyの資産・ネットワークパフォーマンス製品の詳細:

https://www.bentley.com/ja/products/brands/assetwise 

https://www.bentley.com/ja/products/brands/openutilities


Bentley Systemsについて 
Bentley Systemsは、エンジニア、建築家、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレータに、公共事業、ユーティリティ、産業プラント、都市システムなど、インフラの設計、建設、運用のためのソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。BentleyのMicroStationベースのオープンモデリングアプリケーションとオープンシミュレーションアプリケーションは、設計統合に貢献します。ProjectWiseSYNCHROサービスはプロジェクトデリバリに貢献します。AssetWiseサービスは資産およびネットワークのパフォーマンスに貢献します。インフラエンジニアリング全体に関わるBentleyのiTwin Servicesは、BIMとGISを4Dデジタルツインへと発展させる基盤になります。 

Bentley Systemsは、170カ国以上に3,500人以上の従業員を擁し、年間売上高は7億ドルにのぼります。また、2014年以来、研究、開発、企業買収に10億ドル以上を投資してきました。1984年の会社創設当初から、5人のBentleyの創設メンバーが同社の過半数を所有しています。www.bentley.com

Bentley、Bentleyのロゴ、AssetWise、AssetWise ALIM、AssetWise Asset Reliability、AssetWise Enterprise Interoperability、iTwin、MicroStation、OpenUtilities、ProjectWise、SUPERLOAD、SYNCHROは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。

Bentley Public Relations

Christine Byrne
Media Relations Senior Manager
1-203-805-0432

Contact Bentley PR