2019年10月22日

デジタルツインによりBIMを4Dに発展させるBentley Systemsの設計統合関連製品・サービス

「常に最新の」デジタルツインによって、資産ライフサイクル全体で、インフラエンジニアの作業の価値と
Bentleyの
オープンモデリングアプリケーションおよびオープンシミュレーションアプリケーションの
価値を拡大 

シンガポール – The Year in Infrastructure 2019カンファレンス– 2019年10月22日 – インフラの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアとデジタルツインクラウドサービスを提供する世界的リーダー企業Bentley Systems, Incorporatedは本日、資産ライフサイクル全体を通じてエンジニアリングデジタルツインを推進するために、同社のオープンモデリングアプリケーションおよびオープンシミュレーションアプリケーションへの新しい追加機能と更新機能を発表しました。Bentleyのオープンアプリケーションは、インフラの各専門分野にまたがり共同で作業する、反復可能な自動デジタルワークフローを実現します。このたび提供された新しいデジタルツインクラウドサービスによって、インフラ資産の建設段階と運用段階全体で、これらのアプリケーションのビジネス価値と行動につながる知見が得られるようになりました。


Bentleyの設計統合担当シニアバイスプレジデントのSantanu Dasは、次のように述べています。「BIMの普及は、この15年間にわたりAECのプロフェッショナルとプロジェクトに大きな恩恵をもたらしてきましたが、今度は、クラウドサービス、リアリティモデリング、高度な解析を用いて、デジタルツインによりさらにBIMを発展できるようになりました。これまでは、BIMの利用は静的な成果物に限られてきましたが、そのような成果物は建設に引き継がれるとすぐに古くて使い物にならなくなり、BIMモデルに保持されているエンジニアリングデータの潜在的な価値が失われていました。しかし、今はデジタルツインによって、BIMモデルのエンジニアリングデータの価値を引き出せるようになりました。まず、このデータはデジタルツインの構成要素であるデジタルコンポーネントとして活用できます。その後、継続的に、ドローン調査やリアリティモデリングの情報を基にデジタルコンテキストを更新します。さらに画期的なことに、資産の目的適合性をモデル化し、資産ライフサイクルのデジタル年表に沿ってシミュレーションできます。最終的に、建設へ引き渡され、さらに運用へと引き継がれた後も、BIMモデルのエンジニアリングデータは活用され、プロジェクトパフォーマンスと資産パフォーマンスの両方の実現・向上に貢献します。常に最新のデジタルツインという形でBIMを4Dに発展させることで、設計モデルとシミュレーションは単なるプロジェクト成果物ではなく、常に変化する資産のデジタルDNAとして役立つことができます」

設計統合のための新しいデジタルツインクラウドサービス
インフラ資産のデジタルツインの作成、4Dでの視覚化、解析が可能なBentleyの設計統合関連ポートフォリオに、デスクトップアプリケーションだけでなくクラウドサービスが加わりました。デジタル情報マネージャであれば、iTwin Servicesを使用して、現在のツールやプロセスに干渉することなく、各種設計ツールで作成されたエンジニアリングデータを実物そっくりのデジタルツインに取り込み、リアリティモデリングやその他の関連データと整合性を取ることができます。

iTwin Design Review: 設計レビューセッションを迅速化します。実務担当者レベルではハイブリッド2D/3D環境での「アドホック」設計レビューを開始でき、デジタルツインを使用しているプロジェクトチームなら、設計レビューと多分野間での設計調整を実施できます。iTwin Design Reviewは次のワークフローを提供します。 
•(実務担当者レベル)3Dモデルの要素に直接朱入れやコメントを追加する。3D環境を離れずに2D図と3D図間を切り替える。 
•(ProjectWiseを使用するプロジェクトレベル)4Dデジタルツインを視覚化する。—プロジェクトのタイムラインに沿ってエンジニアリングの変更をキャプチャし、誰が、何を、いつ変更したかについて信頼できる記録を提供します。

iTwin OpenPlant Design Service: OpenPlantユーザーに分散作業環境と、プラントデジタルコンポーネントの2D表現と3D表現間の双方向参照機能を提供します。


オープンモデリングアプリケーションおよびオープンシミュレーションアプリケーション
多分野間でデジタルコンポーネントを共有し、デジタルワークフローを連携することが、オープンなモデリング環境の基盤です。MicroStationベースのエンジニアリングと、特定の資産タイプやソリューションに特化したBIMアプリケーションで構成されるBentleyのオープンモデリング環境は、コラボレーションを促進します。また、どのアプリケーションからでもクラッシュ解決や多分野の成果物の作成を可能にします。

MicroStationプラットフォームベースでアプリケーションを構築すると、相互運用性と、連携したデータ環境へのアクセスを確保できるだけでなく、共有コンポーネントライブラリを提供するComponents Centerや、ジェネレーティブデザイン機能を提供するGenerativeComponentsなどのデジタルサービスも利用できます。また、設計者は統合エンジニアリング解析・シミュレーションを活用してさまざまなシナリオを検討し、初期設計だけでなく、その後のインフラ資産に対する介入や設備改良も考慮して、最も適切なソリューションを開発できます。 

オープンモデリングアプリケーションのアップデート
(新機能)OpenWindPower: 地質工学、構造、配管の解析・設計アプリケーション間の相互運用性を提供し、複数分野間のデータ交換ワークフローを自動化することで、着床式および浮体式オフショア風力発電所の設計と運用におけるリスクを最小限に抑えます。風力タービンモデルのユーザーは、OpenWindPowerを使用して設計のステータスチェックと解析を実行し、リスク対策を講じたり、予測されるパフォーマンスについて考察したりできます。 

POWERCHINA Huadong EngineeringのNew Energy Research Instituteで副技師長を務めるBin Wang博士は、「OpenWindPowerは、設計サイクル全体を短縮し、大規模な設計マージンの問題を効果的に解決し、オフショア風力発電開発のコストを削減します」と述べています。 

(新機能)OpenTower: 新しい通信塔の設計、文書作成、ファブリケーションが可能な、特定用途向けアプリケーションです。継続して設備を更新する必要があるタワーオーナー、コンサルタント、通信事業者の場合は、既存の通信塔の迅速な再解析もできます。OpenTowerの導入は、来るべき5G展開にタイミングを合わせています。 

F.L. Cruz Engineering ConsultancyのFrederick L. Cruz社長兼CEOは、次のように述べています。「Bentleyのアプリケーションのおかげで、通信塔の設計と解析は、より容易で迅速、かつ信頼できるものになりました。また、Bentleyのアプリケーションは、お客様に信頼、安心をもたらし、満足していただけるほか、公共の安全の向上にも貢献しています」

OpenBuildings Station Designer: LEGIONが組み込まれ、駅ビルの機能空間のレイアウトや歩行者の移動経路を最適化し、設計品質を向上できるようになりました。
OpenSite Designer: 宅地向け機能が追加され、住宅区画割り、区画整地、カスタム区画の作成の概念と設計をサポートできるようになりました。
OpenBridge Designer: OpenBridge Modelerと、LEAP Bridge ConcreteLEAP Bridge SteelRM Bridge Advancedの解析および設計機能を組み合わせて使用できるようになりました。

OpenRoads SignCAD: OpenRoadsを強化し、新しい鉄道や既存の鉄道の設計内で標識の3Dモデリングを実行できるようになりました。 

オープンシミュレーションアプリケーションのアップデート
(新機能) Bentley SystemsはCitilabsの買収を発表しました。CitilabsのCUBE交通シミュレーションがOpenRoadsに組み込まれます。 

PLAXISおよびSoilVision地質工学アプリケーションを使用すると、有限要素法または限界平衡法のいずれかで、複数の解析手法を入れ替えて実行可能です。新たにRAMSTAADOpenGroundとも相互運用可能になりました。地盤や岩盤、関連する構造の解析や設計を統合できる包括的な地質構造ソリューションの質を向上できます。 


設計統合のためのデジタル共同ベンチャー 

(Siemensとの共同事業)BentleyのOpenRoadsからSiemensのAimsunを活用した詳細な交通シミュレーションを実行可能にします。 

(Siemensとの共同事業)提供予定のOpenRail Overhead Line Designerで、OpenRail DesignerとSiemens SICAT Masterを統合します。 

(Siemensとの共同事業)OpenRail-Entegro Train Simulatorでは、Siemens EntegroおよびAutomatic Train Control Simulationと、BentleyのContextCapture、OpenRail ConceptStation、OpenRail Designer、LumenRTを統合し、鉄道運用のデジタルツインを実現します。 

###

Bentleyの設計統合関連の製品・サービスについて
Bentley Systemsは、インフラの設計統合のための、他に類を見ない包括的なオープンモデリングアプリケーションとオープンシミュレーションアプリケーションを提供すべく取り組んでいます。Bentleyのオープンモデリングアプリケーションには、OpenRoads、OpenBuildings、OpenRail、OpenPlant、OpenBridge、OpenSiteがあり、いずれもMicroStationの進化し続けるモデリング環境を共有します。各アプリケーションはそれぞれに対応するエンジニアリングおよびアーキテクチャ分野をサポートします。全分野をまたいだ反復可能な自動デジタルワークフローを徐々に完成させ、インフラのコンセプショニアリング(ConceptStationアプリケーション)、設計(Designerアプリケーション)、コンストラクショニアリングを実現します。Bentleyのオープンシミュレーションアプリケーションとしては、STAAD、SACS、PLAXIS、AutoPIPE、RAM、LEAP、MOSES、LEGION、LARS、CUBEがあり、コンプライアンス、障害耐性、スループットを確保・改善します。市場をリードするiModelを利用したサードパーティアプリケーションとの相互運用性によって、あらゆるプロジェクトの設計統合が推進されます。

BentleyのiTwin Servicesに含まれるDesign Reviewクラウドサービスは、実務担当者またはプロジェクトレベルで使用でき、オープンモデリングアプリケーションとオープンシミュレーションアプリケーションを使用して、「常に最新の」4DデジタルツインにBIMを発展させ、設計エンジニアの作業をムダにせず、資産ライフサイクル全体を通じて目的適合性を維持することで価値を提供し続けられるようにします。

Bentleyは、2019年のARCの市場調査『Engineering Design Tools for Plants, Infrastructure, and BIM』において、全体では2位、送配電および通信部門と上下配水部門では1位に選ばれています。Engineering News-Recordの上位640社の設計事務所のうち90%以上がBentleyの製品やサービスを使用して、複数部門にまたがり設計を統合しています。 

Bentley Systemsについて 
Bentley Systemsは、エンジニア、建築家、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレータに、公共事業、ユーティリティ、産業プラント、都市システムなど、インフラの設計、建設、運用のためのソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。BentleyのMicroStationベースのオープンモデリングアプリケーションとオープンシミュレーションアプリケーションは、設計統合に貢献します。ProjectWiseSYNCHROサービスはプロジェクトデリバリに貢献します。AssetWiseサービスは資産とネットワークのパフォーマンスに貢献します。インフラエンジニアリング全体に関わるBentleyのiTwin Servicesは、BIMとGISを4Dデジタルツインへと発展させる基盤になります。 

Bentley Systemsは、170カ国以上に3,500人以上の従業員を擁し、年間売上高は7億ドルにのぼります。また、2014年以来、研究、開発、企業買収に10億ドル以上を投資してきました。1984年の会社創設当初から、5人のBentleyの創設メンバーが同社の過半数を所有しています。www.bentley.com

Bentley、Bentleyのロゴ、AssetWise、AutoPIPE、Citilabs、ContextCapture、CUBE、Generative Components、iTwin、iTwin Design Review、iTwin Services、LEAP、LEGION、LumenRT、MicroStation、MOSES、OpenBridge、OpenBridge Designer、OpenBridge Modeler、Open Buildings、OpenBuildings Station Designer、OpenGround、OpenPlant、OpenRail、OpenRoads、OpenSite、OpenSite Designer、OpenTower、OpenWindPower、PLAXIS、ProjectWise、RAM、RM Bridge Advanced、SACS、SignCAD、SoilVision、STAAD、SYNCHROは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。

Bentley Public Relations

Christine Byrne
Media Relations Senior Manager
1-203-805-0432

Contact Bentley PR