2019年10月21日

Bentley Systemsの新しいProjectWise 365およびSYNCHROの包括的サービスはプロジェクトデリバリの4Dデジタルツインを推進

ARC Advisory GroupがBentley SystemsのProjectWiseをコラボレーションBIMの最優秀ソフトウェアに選出


シンガポール The Year in Infrastructure 2019カンファレンス 2019年10月21日 – インフラの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアとデジタルツインクラウドサービスを提供する世界的リーダー企業Bentley Systems, Incorporatedは本日、業界をリードするProjectWiseコラボレーションプラットフォームの新機能と、SYNCHRO 4D建設環境の包括的な機能拡張を発表しました。この2つの堅牢なソフトウェアが連携することで、プロジェクトデリバリーエコシステム全体でプロジェクトデジタルツインを活用できるようになり、設計および施工の調整ワークフローが改善されます。新しいProjectWise 365クラウドサービスは、Microsoft 365テクノロジーとオフィス生産性向上ツールを活用することにより、BIMおよびインフラ設計データの提供範囲を組織の規模を問わず拡大し、コスト的にもアクセス的にも利用しやすくします。さらに、Bentleyの新しいSYNCHROクラウドサービスにより、請負業者は設計データと建設モデルを4Dで視覚化し、プロジェクト管理や現場管理、高度なワークパッケージ作成、Microsoft HoloLens 2拡張現実ソリューションに利用できます。’

Bentley Systemsのプロジェクトデリバリ担当シニアバイスプレジデント、Noah Eckhouseは次のように述べています。「インフラのエンジニアリングおよび建設用のプロジェクトデジタルツインは、今回発表された技術、その中でもBentleyの新しいクラウドサービスによって急激に普及するでしょう。 “ARCの最新の市場調査において最優秀BIMコラボレーションソフトウェアに選ばれたProjectWiseを多くの皆様にご利用いただき、今やBentleyはAzureの最大のISVユーザーの一つに数えられています。’Bentleyでは、「瞬時ON」のWebベースのProjectWise 365クラウドサービスを拡充する取り組み、実務者レベルとプロジェクトレベルの両方の設計レビューで広範にわたりiTwinクラウドサービスを利用可能にする取り組み、そしてクラウドサービスによりSYNCHROの適用範囲を包括的に拡大する取り組みを進めています。インフラプロジェクトデリバリは、基本的に時間と空間との勝負です。Bentleyの4Dプロジェクトおよび建設デジタルツインは、現在、世界中のインフラエンジニアリングのデジタル化推進を牽引しています」

BIMコラボレーションの最優秀ソフトウェア:ProjectWise
産業、インフラ、都市に関する技術研究コンサルタントの大手、ARC Advisory Groupは、最近発表したレポート『Engineering Design Tools for Plants, Infrastructure, and BIM 2018-2023』において、BentleyをコラボレーションBIMソフトウェアを提供するリーダー企業に位置付けています。

ARC Advisory Groupのエンタープライズソフトウエア担当バイスプレジデントであるRalph Rio氏は、次のように述べています。「BentleyはMicrosoftと強固な関係を築いており、主要なテクノロジーを応用して、エンジニアリングとオフィスの情報を統合し、プロジェクトデリバリーを改善しています。これは、BIMコラボレーションソフトウエア分野において両社がリーダーに位置付けられていることからわかるように、EDI/BIM市場で成果を上げています」”

Engineering News Record’s 2019 Top Design Firms』レポートでは、設計会社の上位50社のうち43社が、BentleyのProjectWiseをワークシェアリングと設計の統合に使用しています。また、上位640社の過半数がProjectWiseのユーザーです。

新しいProjectWise 365クラウドサービス
設計チームのために作られたProjectWise 365は、100%SaaSベースの革新的な製品です。実務担当者や設計リードから利害関係者にいたるまで、設計およびエンジニアリングに携わるチームが設計を簡単に保存、検索できます。コンテンツ共有およびコラボレーションワークフローの効率化やフィードバックの管理も可能で、チームの生産性を最大限引き出せます。新しいProjectWise 365クラウドサービスは2019年末までに一般提供される予定です。

iTwin Design Review(実務担当者レベル): ProjectWise 365ユーザーが2D/3D環境でアドホック設計レビューを開始できます。3Dモデルの要素に直接朱入れやコメントを追加したり、2D図と3D図間を没入環境でリンクしたりするためのワークフローを提供します。

iTwin Design Review(プロジェクトレベル): ProjectWise Design Integrationサービスを使用するプロジェクトチームが、プロジェクトデジタルツインのライフサイクル全体を通じてエンジニアリングの変更をキャプチャでき、誰が、何を、いつ変更したかを記録します。多分野間の設計レビューを継続的かつ包括的に実施して、「4D」視覚化による設計調整を行うことが可能です。“”

建設向けの新しいSYNCHROクラウドサービス
2019年、Bentleyは、プロジェクトデジタルツインの4D視覚化を実現するBentleyのSYNCHRO/HoloLens 2ソリューションの功績が認められ、Microsoft Partner of the Year(Mixed Reality部門)のファイナリストに選ばれました。’新しいSYNCHROクラウドサービスは、SYNCHROの市場をリードする4D建設モデリングを包括的に拡張したもので、建設プロジェクトの管理および施工も対象になったほか、Advanced Work PackagingソフトウェアのConstructSimが組み込まれました。’2019年9月にリリースされた新しいSYNCHROクラウドサービスは、建設におけるイノベーションをさらに発展させています。SYNCHROの詳細についてはこちらをご覧ください

SYNCHRO Fieldには、タスク、計画、モデル、マップのビューがあり、現場のデータを速やかにキャプチャして、タイムリーに進捗状況を更新し、問題を把握できるようにします。

SYNCHRO Controlでは、建設チームが単一のウェブインターフェースを使用して、設計および建設データの記録、管理、アクセス、共同作業を一元的に実行できます。SYNCHRO Controlを使うと、ProjectWise 365からより簡単にすばやく設計ドキュメントにアクセスできます。また、提出書類の完成およびRFI管理機能と問題解決機能を備えています。

Completionsは、建設およびコミッショニングチームの完了事項を迅速に処理できるコラボレーションワークフローにより、プロジェクトシステムの進捗を促進し、システムの準備状況を検証します。

プロジェクトデリバリのためのデジタル共同ベンチャー
(Siemensとの共同事業)Siemensが独占提供するTeamcenter for Capital Asset Lifecycle Management(CALM)を使用すると、SiemensのTeamcenterから会社全体の資本資産を管理し、資本プログラムの意思決定を促進および改善できます。Bentleyのサービスを使用して、全社レベルでプロジェクトを推進可能にします。’

(Topcon Positioning Groupとの共同事業)Digital Construction Worksは、Bentley SystemsとTopcon Positioning Groupが新設した、合弁会社で「デジタル統合」サービスを提供します。Digital Construction Worksは、画期的なコンストラクショニアリングの真価を引き出して建設の工業化を実現するために、Topcon、Bentley、その他のソフトウェアベンダーの特定用途向けソフトウェアおよびクラウドサービスのポートフォリオを基に、デジタルオートメーションサービス、デジタル統合サービス、デジタルツイン作成サービスを大規模な建設業者やサプライチェーンに提供します。“”

###

Bentleyのプロジェクトデリバリ製品・サービスについて
Bentley Systemsは、インフラプロジェクトデリバリのための、他に類を見ない包括的なコラボレーションおよびコンストラクショニアリングソフトウェアと、クラウドサービスを提供すべく取り組んでいます。ProjectWise 365クラウドサービスは、MicrosoftのAzureとネイティブWeb環境を最大限活用します。 プロジェクトデジタルツインの場合、BentleyのiTwin Design Reviewサービスが、アドホックの2D/3D分野別ワークフローから、ProjectWise Design Integrationを活用するプロジェクト全体を対象とした包括的で継続して実施する4D設計レビューにまで対応します。4D設計デジタルツインの場合は、Bentleyの一連のSYNCHROサービスが、iTwinサービスを利用してリアリティモデリングと4D建設モデリング、Advanced Work PackagingソフトウェアのConstructSimComplyProProcureWareControlFieldクラウドサービスを統合します。

Bentleyは、ARC Advisory Groupにより、コラボレーションBIMソフトウェアの最優秀プロバイダーに選ばれていますBentleyのProjectWiseサービスは、「ワークシェアリングの基幹となるシステム」として、ENR設計企業上位50社のうち43社で利用されています。2019年、Bentleyは、SYNCHROでのMicrosoft HoloLens 2のユースケースが認められ、Microsoft Partner of the Year(Mixed Reality部門)のファイナリストに選ばれました。

Bentley Systemsについて 
Bentley Systemsは、エンジニア、建築家、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレータに、公共事業、ユーティリティ、産業プラント、都市システムなど、インフラの設計、建設、運用のためのソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。BentleyのMicroStationベースのオープンモデリングアプリケーションとオープンシミュレーションアプリケーションは、設計統合に貢献します。ProjectWiseSYNCHROサービスはプロジェクトデリバリに貢献します。AssetWiseサービスは資産とネットワークのパフォーマンスに貢献します。インフラエンジニアリング全体に関わるBentleyのiTwin Servicesは、BIMとGISを4Dデジタルツインへと発展させる基盤になります。 

Bentley Systemsは、170カ国以上に3,500人以上の従業員を擁し、年間売上高は7億ドルにのぼります。また、2014年以来、研究、開発、企業買収に10億ドル以上を投資してきました。1984年の会社創設当初から、5人のBentleyの創設メンバーが同社の過半数を所有しています。www.bentley.com

Bentley、Bentleyのロゴ、AssetWise、ComplyPro、ConstructSim、iTwin、iTwin Services、MicroStation、ProcureWare、ProjectWise、ProjectWise 365、SYNCHROは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。

Bentley Public Relations

Christine Byrne
Director, Media Relations
1-203-805-0432

Contact Bentley PR